【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大河ドラマ「西郷どん」に小倉処平を

本紙掲載日:2017-04-07
3面
西郷隆盛がニニギノミコトの御陵墓のふもとに宿陣したことなどを説明する谷平代表理事(右)。手にしているのは、隆盛のひ孫の隆夫さん(のべおか観光大使)と、明治天皇のやしゃご竹田恒泰さんが一緒に写っている写真。谷平さんから2人目が安藤会長
「小倉処平の加療の地を守る記念堂」
小倉処平

延岡、日南の関係者−NHKに要望

◆「ブラタモリ」延岡ロケも

 西南戦争で薩軍の飫肥隊隊長として参戦し、延岡市の和田越の戦いで負傷、同市北川町俵野の高畑山で自刃した小倉処平(1846〜77)を、来年放送の大河ドラマ「西郷(せご)どん」に登場させてもらおうと、同町の「小倉処平を語り続ける会」(安藤重徳会長)と延岡観光協会(谷平興二代表理事)は4日、東京都のNHK放送センターを訪ねて要望した。また、人気番組「ブラタモリ」のロケを延岡で行ってほしいと要望した。

 一行は両会の役員と延岡市議、処平のふるさと日南市の観光協会事務局長ら10人。NHKの木田幸紀専務理事ら4人と面会した。

 北林幹雄延岡市議は、「処平は欧米の植民地政策に反対だったから薩軍に加わった。処平を取り上げることは、現代の世界が抱える課題を考えることに通じる」など説明。

 谷平代表理事は、延岡には和田越決戦の地、西郷隆盛宿陣跡のほか、天孫ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの出会いの地、ニニギノミコトの御陵墓伝説地など、史跡と神話ゆかりの地が豊富にあることを紹介して、「ブラタモリ」のロケ地にと売り込んだ。

 安藤会長(70)は「原作も脚本もできていないので即答はできないとの返事だったが、地元の熱意は伝わったと思う。こちらが驚くほど丁重に受け答えしてもらった」と手応えを感じた様子。「処平が日本の近代化を支えた人物の一人であることは間違いなく、全国に知ってもらう価値のある人。ぜひ登場を検討してほしい」と話した。

 小倉処平は、小藩出身者にも勉学の機会を与える「貢進生制度」を実現し、後に外交官として活躍する小村寿太郎を育てた。同制度実現の功績で文部権大丞(もんぶごんのだいじょう)に任じられ、官命で留学。当初はアメリカに留学予定だったが、訪米の途中、植民地となった国々の国民の姿を見て疑問を抱き、予定を変更してイギリスに渡った。明治10年、西南戦争が起こると「日向の人心を鎮撫(ちんぶ)する」と帰郷したが、薩軍に加わった。一方で、弟子の寿太郎には政府に残るよう説得した。和田越の戦いで負傷した処平は、北川町川坂の神田伊助さん方で治療を受けた。その地に「小倉処平の加療の地を守る記念堂」が建てられている。

その他の記事/過去の記事
page-top