【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

春の全国交通安全運動−6日スタート

本紙掲載日:2017-04-06
3面
春の交通安全運動の開始式(5日、県庁)
春の全国交通安全運動の開始式(6日、延岡市共栄町の旭化成柔道場前)
啓発パレードに出発する白バイや広報車(6日、延岡市共栄町の旭化成柔道場前)

5日、県庁で開始式

 春の全国交通安全運動開始式は6日から始まった。県庁では5日、開始式が行われた。15日までの期間中は飲酒運転や悪質交通違反などの指導取り締まりを強化するほか、通学路周辺での交通指導を実施する。

 行政や警察、関係団体から約100人が出席。県交通安全対策推進本部長の河野知事は3月末現在で死者が前年同期比7人増の18人に上っていることに「実態に即した交通安全の取り組みをしていきたい」と呼び掛けた。宮崎市内の園児2人が高齢者に向けて「夜は明るい服装と反射材はつけてね。事故にあったら悲しいよ。いつまでも長生きしてね」とメッセージを読み上げた。

 期間中は県内13警察署で街頭キャンペーンや飲酒運転根絶の取り組みなどがある。


◆人身、死亡事故撲滅を−延岡市交通安全対策本部・啓発パレード出発

 延岡市交通安全対策本部(本部長・首藤正治市長)は運動初日の6日、同市共栄町の旭化成柔道場前で開始式を開き、市や延岡警察署、延岡地区交通安全協会、同安全運転管理者等協議会、地元住民など約100人が参加した。

 開式に際し、同本部副本部長の杉本隆晴副市長は「皆さんの活動のおかげで人身事故、死亡事故とも減少傾向にある。地道な活動は決して諦めないで続けていくことが大事」とあいさつ、期間中の精力的な活動を呼び掛けた。

 時任和博延岡署長は、県内では今年に入り、事故死者数が前年同期より7人も多い18人に上っていることを紹介。延岡市内でも死亡事故が1件、人身事故が189件(前年同期比5件増)、そのうち治療に1カ月以上を要する重大事故も9件発生しているとして、警鐘を鳴らした。

 また、県内事故死者の約半数は高齢者で、人身事故の原因の多くが脇見・ぼんやりといった漫然運転といい、「ドライバー一人一人にいかに意識を持ってもらうかが重要」と指摘。「皆さまの力なしでは達成できない」と運動を通した協力を求めた。

 白バイ隊の先導で啓発パレードに出発する広報車両を見送った後、参加者は柔道場横の県道で街頭キャンペーンを実施。チラシと一緒に、交通安全母の会延岡支部(山口和代支部長)が手作りした折り鶴や貝の根付けのお守り、缶飲料などをドライバーに手渡しながら、安全運転を呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top