【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

旭化成延岡支社長−竹本氏「活性化につなげたい」

本紙掲載日:2017-04-04
1面
新支社長の竹本常夫氏
顧問に就任した山添勝彦氏

顧問の山添氏「3年間、いい経験」

 旭化成延岡支社では4月1日付で新支社長に竹本常夫氏(61)が就任し、前支社長の山添勝彦氏(63)は顧問に就いた。2人は3日、記者との懇談会の中で抱負や思い出を話した。

 竹本支社長は京都府出身。昭和55年、京都大学工学研究科石油化学専攻を修了し旭化成工業(現旭化成)入社。平成5(1993)年、英国バース大学博士号取得。同17年から25年までケミカルズに所属し、水島製造所長などを務めた。前職は旭化成石油化学事業本部長。

 延岡勤務は初めてだが、ケミカルズ時代に技術の管掌役員として、延岡・日向地区にたびたび来ていたという。

 「延岡・日向地区には繊維、メディカルなど旭化成の先端技術の詰まった工場がある。(工場を発展させることによって)地域の活性化につなげていければ」と話した。

 山添顧問は「旭化成発祥の地で過ごした3年間は、旭化成の文化に触れ、いい経験をさせていただいた。県内にたくさんの知り合いができた」と感謝。

 「ベンベルグ、ベンリーゼ、ハイポアなどを増設できたことで、地域活性化にも少しお役に立てたのでは」。一番の思い出は「昨年のリオ五輪で柔道部の3人が金、銅、銅メダルを獲得する場面に居合わすことができたことと、ニューイヤー駅伝の18年ぶりの優勝に立ち会えたこと。いい巡り合わせの時に延岡にいさせていただいた」と楽しげに振り返った。

 20日午後6時30分からは延岡市紺屋町のホテルメリージュ延岡で、2人の歓送迎のつどい(延岡商工会議所主催)が開かれる。

その他の記事/過去の記事
page-top