【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

みやざき新巨樹100選

本紙掲載日:2017-03-31
2面
高千穂町上野のムクノキ(県提供)
椎葉村白鳥神社のウラジロガシ(県提供)
諸塚村七ツ山のブナ(県提供)

新たに18本選定−県北からは半数の9本

 県は30日、「みやざき新巨樹100選」を発表した。枯死が確認された18本に替わる新たな樹木を選定したもので、県北からは県指定天然記念物のアスナロ(高千穂町芝原西)など半数の9本が入った。今後、地域の宝として再認識してもらえるよう県ホームページなどで情報発信する。

 県環境森林課によると、学識経験者や樹木医ら9人で構成する選定委員会を設置。市町村や森林管理署、選定委員から推薦のあった69本の中から現地調査などを経て18本に絞り込み、所有者の承諾を経て最終決定した。

 選考に当たっては、地上高1・2メートルにおける幹回りがおおむね3メートル以上▽地上高1・2メートル未満において幹が分岐するものにあっては、最も大きな幹の地上高1・2メートルにおける幹回りがおおむね2メートル以上かつ他の幹回りとの合計がおおむね3メートル以上▽推定樹齢が100年以上――を対象とした。

 県北関係の9本は次の通り。(カッコ内は所在地、幹回り、樹高、推定樹齢)

【日向市】ハナガガシ(福瀬神社、5・15メートル、25メートル、300年)
【美郷町】モミ(国有林、5・83メートル、25メートル、520年)
【諸塚村】ツガ(尾立、5・83メートル、20メートル、530年)ツクバネガシ(桂弓矢正八幡神社、4・8メートル、20メートル、300年)ブナ(七ツ山、4・1メートル、20メートル、360年)
【椎葉村】ウラジロガシ(白鳥神社、4・75メートル、28メートル、380年)
【高千穂町】アスナロ(芝原西、5・4メートル、17メートル、480年)スギ(下野八幡神社、8・02メートル、35メートル、480年)ムクノキ(上野、6・75メートル、7メートル、330年)

その他の記事/過去の記事
page-top