【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

庄手川水辺公園−すばらしさ多くの人に

本紙掲載日:2017-03-29
1面
開花を待つ桜並木の下、準備を進める甲斐さん=左から3人目=ら実行委員会の皆さん(日向市の庄手川水辺公園で)

4月1、2日有志が開催−水辺と桜の遊歩道フェスタ

 美しい桜の花をめでながら、カヌーなど水辺の遊びを楽しむ「水辺と桜の遊歩道フェスタ」は4月1、2の2日間、日向市の庄手川水辺公園(ミスターマックス日向ショッピングセンター南側)である。主催は、延岡市、日向市、美郷町の有志でつくる実行委員会。「この公園のすばらしさを多くの人に知ってもらい、親しんでもらいたい」と初めて開く。午前10時〜午後5時。雨天決行。

 同公園は、日向市の北部を流れる庄手川の下流(国道10号沿い)に位置する。実行委員長の甲斐悟さん(46)=延岡市出身、日向市在住=は、同公園に隣接するミスターマックス日向ショッピングセンター内にあるマンガ倉庫日向店の経営者。4年前の春、開店準備に追われていた中、息抜きにと足を運んだ同公園で、桜の美しさに目を奪われたという。そしてそのとき、生まれたばかりだった娘の名前を「さくら」と決めた。

 水辺には野鳥の姿。あずまやもあり「良い場所だな」と感じていた。しかし、日ごろ利用する人はほとんどおらず、草も生い茂っていた。甲斐さんは「もったいない」との思いを募らせていた。

 というのも、甲斐さんは岐阜県で11年間働き、Uターン。「水辺と桜だけでなく、近くには広い駐車場ときれいなトイレもある。こんなに環境のすばらしい公園は都会にはあまりない」と語る。

 現在、有志7人で実行委員会を立ち上げ、同フェスタの準備を進めている。

 2日間を通し、カヌー体験教室(無料)、プロウェイクボーダー川口慎平さん=美郷町出身=によるデモンストレーション、県北の総菜店や菓子店などによるグルメフェスタなど、多彩なイベントを予定している。ジャンプ台などを備えたスケートボードパークも設置される予定で、無料で開放するという。

 1日は午前9時45分からオープニングイベント「お菓子まき」、同10時から野外キッズダンス(午後4時まで)。2日は午前11時から野外バンドライブ(同)で、トリを飾るスペシャルゲストには、プロベーシスト今沢カゲロウさんを迎える。

 

その他の記事/過去の記事
page-top