【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3月31日で閉館、解体へ−内藤記念館

本紙掲載日:2017-03-28
3面
内藤記念館の正面玄関
版画家黒木貞雄さんがデザインした内藤記念館北側のモザイクタイル壁画
かやぶき屋根の静思庵
内藤記念館内の日本庭園
土間にいろりがある農家づくりの静思庵の内部

昭和38年建設から54年−延岡市

◆歴史民俗博物館(仮称)を計画

 延岡市の内藤記念館が3月31日に閉館。時期は未定だが、しばらくして解体工事に入る。現在の建物は昭和38年10月に完成。これまで文化財展示場や会合の場として利用されてきた。建設から50年以上が経過、老朽化や展示・収蔵スペースの不足などから、市は新たな施設を建設することにした。新施設は文化庁の「公開承認施設」としての性格を持つ「延岡市歴史民俗博物館」(仮称)とする方針。完成は平成32年度を目指す。

 もともとのスタートは、昭和14年8月、内藤家17代当主の内藤政道氏が延岡城西の丸跡地にあった旧内藤家の邸宅を延岡市に寄贈したこと。延岡市は邸宅を「内藤記念館」と名付けて活用。当時は、国民学校の合宿、市民活動の場などとして利用してきた。

 延岡大空襲のあった昭和20年6月に残念ながら邸宅はほとんど焼失。当時のもので現存するものは、東側に残るからみレンガ塀と門だけとなっている。

 今の建物は市制施行30周年事業で建てた。当時、結婚式の簡素化などを進めていた新生活運動と連動し、結婚式場としての機能を備えたものとして建設した。

 当時、市内に式場が多くなかったことから、結婚式を挙げた人も多く、その後、会議や展示発表など文化施設としても活用されてきた。平成2年に文化施設として改築し、結婚式室や講堂として使われていた場所を改修し、考古・民俗・歴史の分野に関する三つの常設展示場にした。

 この展示場でこれまで、収蔵品を生かした能面展、ほかに企画展や特別展などを開催し、延岡の文化活動の拠点としての役割を担ってきた。

 収蔵する史資料は約7万点ほど。中でも桃山時代末期から江戸時代前期にかけて「天下一」の称号を与えられた面打師の焼印を持つ作品30点を含む72点の能・狂言面は、全国的にも傑出した作品群とされる。「天下一」を称した面打師は7人が確認されているが、同館にはうち6人の作品を所蔵している。

◆新施設−文化庁「公開承認施設」に−床面積、現在の2・4倍

 新たな施設となる「延岡歴史民俗博物館(仮称)」は、鉄筋コンクリート2階建て。床面積は今より2・4倍の広さになる。

 建物とともに美術館、博物館的な機能として大きく性格が変わるところは文化庁の「公開承認施設」として、他館所蔵の文化財や美術品の展示会などを届け出だけで開催できるようにすることだ。

 「公開承認施設」は、国宝や重要文化財を展示する際に必要な文化庁長官への許可申請などの手続きが簡素化される制度。承認されれば、延岡で国宝級の文化財などの展示が頻繁に行われる可能性も高くなる。

 公開承認施設として認定されるには、耐火・耐震などの設計面や温度・湿度などの収蔵環境面、過去5年間に重要文化財を適切に公開した実績が3回以上ある、などの厳しい基準をクリアする必要がある。

 建物は床面積が3368平方メートルで1階は1740平方メートル。収蔵庫や書庫、事務室、作業室などを計画。2階は1640平方メートルで、700平方メートルの平常展示室、300平方メートルの企画展示室、100平方メートルの体験コーナーなどを設ける。

 また、敷地内の庭に茶道や華道などで利用する別棟、192平方メートルの和室を建てる予定。

 新施設のコンセプトに市は「延岡の歴史を学び継承し、未来を創造する拠点」。延岡の歴史・文化などの平常展示のほか、コンセプトを実現する項目として―、貴重な歴史資料を収集、保存、活用し継承▽郷土への誇りや愛着を醸成▽市民が積極的に活動し交流する機会の提供▽市民の歴史資料関連施設の拠点▽魅力的な芸術作品や歴史資料を鑑賞できる展示会の開催▽歴史と文化を観光に生かす―を挙げている。

◆黒木貞雄さんの壁画と静思庵は解体へ

 今回の再整備計画で、延岡市出身の版画家黒木貞雄さんの原画を元に制作されたモザイクタイル壁画や庭園内にある静思庵は取り壊される。

 ただ、旧内藤家の邸宅が寄贈された昭和14年当時から残る東門は屋外展示として活用するという。

◆3月31日までは見学自由−新施設完成までは南別館で一部展示

 3月31日まで第1展示室(民俗資料や出土品)、第3展示室(西南戦争など近代資料)は自由に出入りできる。また新施設が完成するまでは、同市南町の南別館で土器や陶磁器、延岡城の模型など、収蔵品の一部を展示する予定。


その他の記事/過去の記事
page-top