【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

市の事業への理解深める−延岡市

本紙掲載日:2017-03-27
2面
延岡市清掃工場で焼却炉の壁の材質について説明を受ける参加者

公共事業見学会−清掃工場など3カ所巡る

 延岡市は24日、「公共事業見学会」を行った。市の事業に対する理解を深めてもらおうと、秋と年度末の年2回行っている。毎回好評で、今回は定員いっぱいの20人が参加した。

 今回の見学先は、昨年8月に完成した長浜地区津波避難タワー、平成21年完成の清掃工場、駐車場を拡張工事中の道の駅「北川はゆま」−―の3カ所。マイクロバスで巡った。

 同市清掃工場は、市内だけでなく西臼杵地区を含めた広域のごみを処理している。概要をDVDで把握した後、施設係の奥村拓雄さんの案内で工場内を回った。

 ごみを貯留する「ごみピット」の内部をガラス越しに見られる部屋では、クレーンがごみを持ち上げる様子に「うわー、すごい」と声が上がった。

 奥村さんは「生ごみが多いと燃焼温度が下がってしまうので、ごみピットの中で、クレーンが乾燥ごみと混ぜて均一にしている。焼却炉は24時間稼働しているので職員は3交代勤務」と説明。

 「1日に持ち込まれるごみの量は」「設備の点検にかかる日数は」など、参加者から個別の質問も相次ぎ、関心の高さがうかがわれた。奥村さんは順に「150トン」「2月に丸々1カ月かけて点検している」と答えた。

 竹内絹子さん(桜ケ丘)と田中利恵子さん(鹿狩瀬町)は2回目の参加。「前回は高速道路の建設現場を見ましたし、この見学会は勉強になります。学んだことは地域に持ち帰って周りの人に伝えています」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top