【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

30人乗り新車両を導入

本紙掲載日:2017-03-27
3面
セレモニーの出席者を乗せて旧高千穂駅の構内を走る新車両

高千穂あまてらす鉄道−デザインは“TR”

◆繁忙期は終日満員−軽トラ改良では間に合わず

 高千穂町の旧高千穂鉄道(TR)跡で観光用のスーパーカートを走らせている「高千穂あまてらす鉄道」(盪格孤Ъ卍后砲錬横菊、30人乗りの新車両を導入、運行を開始した。

 同社は、平成22年5月から旧高千穂駅発着のスーパーカートを運行。これまでは軽トラックを改造した18人乗りの車両を使用していたが、故障が多かった。さらに、水面からの高さ105メートルの高千穂鉄橋(橋長352・5メートル)まで運行区間を延伸した25年7月以降、入場客が大幅に増加。大型連休や夏休みなどの繁忙期は終日満席となり、客を乗せきれないこともあったため、新車両の導入を決めたという。

 新車両は、徳島県の遊園器具製造メーカーに製作を依頼。屋根がない客車と、その前後につなぐ動力車を合わせた全長は17メートル。重さは約10トン。動力車は空港で手荷物などを運搬するトーイングトラクターの改造車両を使用しており、車体には鉄道を走行していた列車のデザインを再現した。

 この日は、駅構内の車両庫で運行開始セレモニーがあり、同社や町、町観光協会の関係者ら約20人が出席。高千穂神社の後藤俊彦宮司による神事で安全運行を祈願した。あいさつに立った盪骸卍垢蓮嵜啓嵶召鯑各できて感無量。今後も多くの方々に利用していただけるように営業を続けたい」。また、内倉信吾町長は「新車両が、熊本地震で影響を受けた高千穂観光の復興を前進させるけん引車になってほしい」と期待を寄せた。この後、高千穂中学校吹奏楽部の軽快な音楽に合わせ、出席者を乗せた新車両が構内を往復した。

 スーパーカートは、旧高千穂駅と高千穂鉄橋の往復約5キロを1日10便運行(午前10時から40分おきに1便)。曜日を限定して旧車両の運行も継続する。大型連休や夏休みなどを除き、毎週木曜日と荒天時は休み。料金は高校生以上1300円、小中学生800円、未就学児400円(いずれも入場料込み)。問い合わせは、同社(電話0982・72・3216)。

その他の記事/過去の記事
page-top