【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

商店街に檄「街を元気に」

本紙掲載日:2017-03-25
2面
商店街を叱咤激励した清本会頭

清本延岡商工会議所会頭が講演

 清本英男・延岡商工会議所会頭(78)の「街を元気にする講演会」がこのほど、延岡市中小企業振興センターであった。空き店舗が目立つ商店街の再興に苦心する同市商店会連合会(松尾光純会長、10商店会)が、勉強会として開催。加盟商店会の店主ら30人が受講した。

 平成6年から連続8期22年にわたって会頭を務め、商店街振興にもさまざまな働き掛けをしてきた立場から、本音をズバリと言い、叱咤(しった)激励した。

 山下新天街で1の付く日に行う「延岡門前市」は、同商議所や市の発案で平成14年から始まり人気のイベントとなっているが、商店街の売上増にはつながっていない。

 「商店街の店はシャッターを下ろしていて、何を売っているのかも分からない。たとえその時は休業していても、開店したらこの商品を買いたいと思わせる工夫が必要だ。われわれは人通りを増やす事業はするが、集まってきた人に商いをするのは皆さんなんですよ」と苦言。

 「高齢者を商店街にどう呼び込むかもポイント。散歩目的で大型店に行っている高齢者に、商店街を歩いてもらうことはできるはずだ。仏と神が共存する今山の麓にあり、御利益があるんだという雰囲気づくりを。商店街全体が良くならないと個店も良くならないという意識を持って、共同で取り組んでほしい」

 店に入ってもらうことや客との交流を目的に、同連合会が昨年から始めた「まちゼミ」については高く評価した。

 来年3月にはJR延岡駅前に複合施設が完成する。「潮目が変わる今、自分たちの商店街は自分たちでつくるんだと信念を持ってやってほしい」と檄(げき)を飛ばした。

 講演後に河野剛副会長は同連合会を代表して「貴重な苦言を頂いた。商店街はもだえ苦しんでいるが、その中で新しい道を捜さなければならない。会頭の話をヒントに頑張りたい」と感謝した。

その他の記事/過去の記事
page-top