【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

“家族一丸”カフェオープン

本紙掲載日:2017-03-24
2面
日向市富高にカフェをオープンする堀由希子さん(左)と母親の千鶴さん

ひむかビズなど3者が連携−日向市富高

◆こども食堂も

 日向市富高の住宅地の一角に25日、家族経営のカフェ「kakurecafeNICO(隠れカフェニコ)」がオープンする。同市産業支援センターひむか‐Biz(ひむかビズ)、日向商工会議所、日本政策金融公庫(日本公庫)延岡支店の3者が連携して支援。自家栽培の無農薬野菜を提供するなどの強みや、「将来は地域から雇用を受け入れたい」などの事業性が高く評価された。

 経営するのは、近くに住む堀由希子さん(28)と母親の千鶴さん(56)。調理師免許を持つ伯母も手伝う。

 由希子さんは今年2月まで約8年間、看護師として働いていた。料理好き、コーヒー好きな母親と伯母と一緒に「いつか家族でカフェを開きたい」と夢を描いていた中、実家の引っ越しをきっかけに、卓球場として使われていた現在の店舗に出合い「今しかない家族との時間を大切にしたい」と、看護師生活に区切りを付けた。

 ひむかビズの無料相談を継続して利用しながら、カフェのコンセプトやメニューなどを明確化し、同時に、開業資金を調達するため、日向商工会議所を通じて手続きを進め、日本公庫からの融資が決定した。

 日向商工会議所の中城健太経営指導員は「カフェの横には果樹園や家庭菜園があり、自家栽培の無農薬野菜などを使ったメニューを提供するなど、他のカフェにはない強みを持っている」と背中を後押し。

 日本公庫延岡支店の立木裕課長代理は「『将来は地域から雇用を受け入れたい』『地域に貢献できるカフェにしたい』との思いを聞き、事業性を高く評価させてもらった。何より家族一丸となって取り組まれている姿がすばらしい」と語る。

 由希子さんは「不安もあった中、ひむかビズの長友慎治センター長をはじめ、皆さんに応援していただき、励ましていただき、前へ進むことができました」と振り返る。

 「地域の子供たちから子育て中のお母さん、シルバー世代の皆さんまで、安心して集える憩いの場を目指したい」。店内には、お母さんも一緒にくつろげるキッズルームもあり、看護師の経験を生かし「健康に関する相談にも応じていきたい」と語る。

 営業時間は午前11時〜午後4時と午後6〜10時。定休日は火曜日と第1日曜日。なお、千鶴さんの意向を受け、第4土曜日の午前11時〜午後2時は、子供が1人でも食べに行ける「こども食堂」として地域に開放する。30食限定で18歳以下の子供に昼食を無料で振る舞う(19歳以上は500円)。

 場所は、同市富高の玉井商店を目印に住宅地に入り、防火水槽のある最初の十字路を右へ。そのまま道なりに車で約1分進んだところ。問い合わせは同カフェ(電話日向54・8466)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top