【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

手づくり−はまぐり碁石のお守り

本紙掲載日:2017-03-23
2面
保護者にプレゼントされた日向市特産「はまぐり碁石」のお守り

6年生、保護者にプレゼント−日向市財光寺小

 日向市の財光寺小学校(三樹和幸校長)の6年生78人は23日、同校で開かれた卒業式で、これまでの感謝を込め、教員と一緒に制作した同市特産「はまぐり碁石」のお守りを保護者にプレゼントした。

 お守りの制作は昨年8月、6年1組担任の稲田保尚教諭が、同平岩のドライブイン「はまぐり碁石の里」で教員の10年経験者研修を受けたことから始まった。

 同校では昨年度から、キャリア教育を学校経営の柱に取り組んでおり、「学んだことを子供たちに返そうじゃないか」という三樹校長の提案から、同市特産のはまぐり碁石を題材に、子供たち自身も、教員と共に学びを深めていくことになった。

 はまぐり碁石の製造工程を見学したり、はまぐり碁石のPRパンフレットを制作し、修学旅行先の鹿児島県で配布するなど、取り組みは広がっていった。

 お守りの制作は、その〃最終章〃。三樹校長、稲田教諭、6年1組担任の森陽介教諭の3人は今年2月、ハマグリの貝殻をくりぬいた碁石の原料約200個を1個ずつ粗削りし、下準備。磨き上がった碁石に、子供たちが保護者への思いをペンで書き込んだ。

 6年2組の甲斐好美さんは表に「笑」、裏には「今日も一日ファイト!」とメッセージ。「いつも笑顔のお父さん、お母さんに、恥ずかしくて面と向かっては言えなかった、伝えたかった気持ちを込めた」という。

 お守りを入れる袋も家庭科の時間を使って、自分たちで手縫いし、3月14日には、地元の五十猛神社で祈とうを受けた。そしてきょうまで、保護者には秘密にしてきた子供たち。思わぬサプライズに涙、涙の保護者だった。

その他の記事/過去の記事
page-top