【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

野良猫83匹に避妊去勢手術

本紙掲載日:2017-03-23
3面
不妊手術を受けた後、眠っている猫の様子を見るボランティア

獣医が協力−NPO法人が延岡で初

 野良猫に避妊去勢手術を施す「猫TNR」が20日、延岡市浦城町の旧浦城中体育館であった。獣医4人が協力し、市内を中心に門川町、日向市、西臼杵、高鍋町の83匹に施術した。

 TNRは、Trap(捕獲、保護して)、Neuter(不妊手術をして)、Return(元の場所に戻す)のこと。殺処分するのではなく、繁殖を防ぐことで野良猫の増加を抑制する全国的な活動。NPO犬猫みなしご救援隊(広島県)、ちばわん(千葉県)、Animalrescue咲桃虎(高原町)、延岡犬猫レスキューボランティアが主催し、延岡市では初めて行われた。

 野良猫の増加に困っている地域の人たちが、それぞれその猫を捕まえ、ケージに入れて持ち込んだ。

 会場となった体育館内には、壁代わりにブルーシートをつるして臨時の手術室を設置。獣医が各猫に麻酔をかけ、次々と施術した。手術後は耳先をV字にカット。麻酔から覚めるまで約4時間待って、連れてきた人が連れて帰った。各地域ではそれらの人たちが同猫を引き続き世話し、一代限りの命を見守ることにしている。

 犬猫みなしご救援隊(中谷百里代表)は平成7年に発足し、全国でTNR活動を行っている。今年に入って既に10カ所以上。中谷代表は「飼い主のいない猫がいなくなることが活動の目標。飼い主が最後まで責任を持って飼ってくれることが一番大事です。今、猫ブームなので3、4年後が心配。10年後、15年後に自分が健康で、猫の面倒を見られるかどうかを考えた上で飼い始めてほしい」と話した。

 耳先をV字に切るのは、繁殖はしないことを周囲に知らせ、餌を与えることに理解を呼び掛ける印。形が桜の花びらに似ることから「さくらねこ」と呼ばれている。

 同救援隊は延岡市で再度この活動を行う予定だが、時期は未定。また、「延岡いぬねこ希望の会」は、犬猫の里親探しをする「犬猫譲渡会」を、4月9日午前10時から延岡市役所前の公園で開く。

その他の記事/過去の記事
page-top