【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ドーバー横断泳に挑戦

本紙掲載日:2017-03-22
8面
講演する節政さん

節政さん母校の延工で講演

 延岡工業高校(河野明浩校長)で15日、1、2年生478人を対象にしたOB講演会があり、津軽海峡やドーバー海峡横断泳に挑戦した節政健一さん(28)=平成18年電気電子科卒=が「どんな大人になる?」と題して話した。

 節政さんは、平成24年に「津軽海峡」(30キロ)の横断単独泳に挑戦し、当時の最速記録で達成した。津軽海峡は「世界オープン・ウオーター・スイミング協会」が選定する世界7海峡(オーシャンセブン)の一つに数えられる難所だという

 昨年7月には達成すれば日本人初となるドーバー海峡(直線距離約34キロ)の往復泳に挑戦。片道の成功率が50%で往復では10%未満。横断中に命を落とす人もいるほど過酷な海だが、「日本人初として歴史に残ると考えるとワクワクする。ワクワクする思いだけで挑んだ」と当時の心境を振り返った。ただ、無事往路は泳ぎ切るも、天候不良のため、復路は断念せざるを得なかった。

 それでも節政さんは「挑戦前は『危ないからやめといた方がいい』『むちゃだ』など散々否定されたが、周りの言葉を聞き入れ諦めていたら一生後悔が残ったと思う」と胸を張った。

 また、「大人になるとできない理由を考えてチャレンジを諦める人が多くなる。僕は、子どもの頃の夢を実現するために大人になると思う。自分がやりたいと思ったことはやるべき。自分が自分を一番信じてあげないといけない」と話した。

 節政さんは5歳から水泳を始め、中学では、自由形で全国大会に出場、高校でも同形で県高校総体3連覇を果たすなど競泳選手として活躍。卒業後は仕事の傍ら、ボランティアで地域の小中学校で模範泳をしたり、指導しながら水泳にかかわってきた。

 自然の海をコースに利用した競泳競技「オープンウオータースイミング(OWS)」を知ったのは20歳の時。視力を失った女の子が芸能人と津軽海峡横断泳に挑戦したテレビを見たことをきっかけに興味を持ったという。このOWSは21歳から始めたという。


先輩の話を聞く生徒たち
その他の記事/過去の記事
page-top