【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

洪水被害、環境問題を考える

本紙掲載日:2017-03-22
2面
第11回北川流域防災会議

北川流域防災会議

◆杉尾会長−霞堤で地域おこしを

 北川の洪水対策や環境問題について協議する第11回北川流域防災会議(会長・杉尾哲宮崎大学名誉教授)がこのほど、延岡市役所の講堂であった。大分県、宮崎県、延岡市の担当者、地域の人ら約60人が出席し、昨年9月の台風16号の被害状況、今後の取り組みなどについて話し合った。

 会議では、第10回会議を総括し、台風16号の被害について、当時の気象状況、北川流域、北川ダムの状況と避難情報を時系列に沿って説明した。

 台風の接近で9月20日午前2時6分に家田区の市道など各地で冠水。最も被害が大きかった熊田(曽立)の市道は内水のため同4時30分ごろに冠水した。

 河川の水位上昇で延岡市は同4時20分に北川地区に避難勧告を発令、防災無線放送で広報した。北川ダムでも関係機関に下流への警報とパトロールを開始したことなどを報告した。

 県延岡土木事務所は、北川町の広域で甚大な被害があった平成9年9月の台風19号を受け、同年に北川河川激甚災害対策特別緊急事業が採択されたことを紹介。河道掘削や堤防整備を実施したことで、同16年10月の台風19号と同規模の台風23号では水位が約1・5メートル低下し、浸水被害が大幅に軽減。

 さらに、同15年には水防災対策特定河川事業(同18年より土地利用一体型水防災事業へ移行)に着手し、住宅地のかさ上げなどを行ったことから、同9年の台風19号では浸水家屋戸数が648だったが、同16年の台風23号では198戸、同28年の台風16号では24戸と大幅に減少。かさ上げした家屋の浸水は0だったと報告した。

 杉尾会長は「北川の霞堤から何を学び、どう生かすか」について講話し、霞堤の効果について−、々真緘鏗欧粒搬腓遼瓢澂堤防決壊の防止パイピング発生の防止ぅ┘灰蹈献ル・ネットワーク(生態系ネットワーク)の形成である−−と紹介した。

 特にい砲弔い討蓮∨明酊では海や河畔林、湿原、山などと川がつながり多種多様な生物が存在する〃特別な場所〃と強調。その生態系によって地域が、食料や淡水などの「供給サービス」、自然災害の制御などの「調整サービス」、生息や生育環境の提供などの「生息・生育地サービス」、レクリエーションや観光の場と機会などの「文化的サービス」などといった恩恵を受けていると話した。

 その上で、地域の理解が不十分なことにより霞堤が機能しなくなる可能性を危惧し、「北川の宝。霞堤を題材に地域おこしができるのではないか。その原石をどう磨いていくのかは、地域の人が頑張らなくてはいけない」と呼び掛けた。

 会議ではそのほか、北川ダムの濁水長期化軽減対応や環境面の取り組みについての報告や意見交換も行われた。

その他の記事/過去の記事
page-top