【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ひまわり油ドレッシング

本紙掲載日:2017-03-22
2面
販売を開始した「キラキラ笑顔のひまわり油ドレッシング」

寺迫地区が地域おこしで−日向

◆道の駅日向で販売始まる

 日向市東郷町の寺迫地区(黒木邦寛区長)が地域おこしで栽培しているヒマワリの種油を使った「キラキラ笑顔のひまわり油ドレッシング」が完成し、道の駅日向で販売が始まった。

 寺迫地区では平成19年から「ひまわりコミュニティープロジェクト」と銘打ち、農家の高齢化などで休耕している田畑でヒマワリを栽培。種まきから施肥、草取り、種の収穫まで、地域や学校、企業が一体となって取り組んでいる。

 年代や立場を超えた活動で、引きこもりがちなお年寄りの外出や住民交流も活性化。栽培面積は約60アール(6000平方メートル)まで拡大し、夏場は市内外から多くの人が観賞に訪れている。

 ドレッシングは、市内の業者に委託、昨年収穫した種のうち120キロから搾り取ったヒマワリ油15キロを使って、443本を製造した。

 ニンニクやコショウ、トウガラシなどに、隠し味で日向特産の「平兵衛酢(へべす)こしょう」を加えたドレッシングは、さっぱりかつスパイシーで、後味にほんのりとした苦みを残す大人向けの一品に仕上がった。

 すべて人力の栽培で無農薬。土地がやせてしまわないよう、毎年土地を変えながら、良質の種作りに努めてきたという。

 「キラキラ笑顔のひまわり油ドレッシング」は210ミリリットル入りで800円(税込み)。4月からは日向サンパークの温泉館でも販売するという。

 黒木区長は「長雨などで育たずに苦労することもありますが、住民はヒマワリに元気をもらっています。日向の花でもありますし、ドレッシングでヒマワリのエキスを取り込んで、元気に健康寿命を延ばしていただければ」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top