【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡工の小豆野葉子さん優秀賞

本紙掲載日:2017-03-20
7面
優秀賞を受賞した小豆野葉子さん
小豆野さんが制作した壁掛けカレンダー

ホームソーイング楽しい大作

 延岡工業高校生活工学科1年の小豆野(あずきの)葉子さんはこのほど、「第37回ホームソーイング小・中・高校生作品コンクール」高校生の小物・インテリア作品部門で優秀賞を受賞した。日本縫製機械工業会主催。

 同コンクールは小学4年生から高校3年生までが対象。ものづくりの楽しさを体験し、ミシンに親しんでもらおうと昭和54年から行われている。今年度の応募総数は632校4478点。このうち高校生の部「小物・インテリア作品部門」には313点の応募があり、4日に日本工業倶楽部(東京都千代田区)で表彰式が行われた。

 小豆野さんの作品は「壁掛けカレンダー」(縦162センチ×横92センチ)。

 四季を表現した4枚のタペストリーがボタンで付け外しできるようになっている。

 春はタンポポやウグイス、夏は花火やアジサイ、秋はコスモスや収穫した多くの果物、冬はクリスマスプレゼントやポインセチアと季節の風景や動植物が多様な色、柄、素材の布とステッチで丁寧に表現されている。

 月と日付けのパーツは面ファスナーで取り外しでき、子どもが四季や数字を楽しく覚えられるような仕掛けになっている。小豆野さんは「見やすいように色合い、バランス、配置を意識しました」という。

 服飾同好会に所属。小中学校で刺しゅうの経験はほとんどなかったが、夏休み終わりごろから休日や放課後を使って制作し、10月末の締め切りぎりぎりに完成した。

 大変だったが、制作中に家族からアドバイスを受けたり、ミシンが上達していることを実感するなど「作っていて楽しかった」と振り返った。

 講評で「ミシンで絵を描くようにのびのび創造する楽しさがとても伝わってくる大作」と評された。作品は4月27〜29日に東京である「2017日本ホビーショー」で展示される。

 小豆野さんは「初めての応募で賞をもらえると思っていなかったので、とてもうれしい。作品はどこかの児童館などにプレゼントできたら」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top