【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

自然を満喫−福岡テンジン大学

本紙掲載日:2017-03-20
3面
座禅を体験する「福岡テンジン大学」の学生たち
オリジナルの御朱印帳作りに取り組む学生たち

県北神々の地でサテライト授業

 地域密着型の生涯学習を推進する福岡県内の団体「福岡テンジン大学」のサテライト授業が2日間の日程でこのほど、延岡市と高千穂町、日之影町であり、スタッフを含めて25人が参加。初日は延岡市内で座禅や島野浦周遊クルージングを体験するなどした。

 同大は福岡の街全体をキャンパスとして毎月1回、さまざまな講師を迎えてセミナーやワークショップを行っているNPO法人。平成22(2010)年4月に設立し、福岡市内在住者を中心に、中学生から60歳代まで約6千人が学生登録している。

 延岡、高千穂、日之影の1市2町とその観光協会などで組織する「スピリチュアルひむか観光協議会」が、ひむか観光の魅力を福岡の人たちに知ってもらおうと、サテライト授業の開催を依頼したもので、タイアップによるツアーとしては3回目。

 授業のテーマは「心身の安息を求めるオトナ〃リセット〃旅〜宮崎県北・神々の地にて〜」。夜は高千穂町に宿泊し、翌日は日之影町の森林セラピーロードを散策したり、高千穂神社を参拝するコース。応募者は女性を中心に過去最多となり、福岡市内を中心に遠くは広島県からの参加もあった。

 初日、最初に訪れた延岡市須美江町の普門寺(吉井泰俊住職)では座禅を体験。座禅用のクッション「座蒲」(ざふ)に座り、吉井住職に教えてもらいながら足や手を組んで約20分にわたって瞑想(めいそう)。「周りの世界を五感でやさしく受け入れながら、できるだけゆっくりとした深い呼吸を心掛けてください」などというアドバイスを受けて取り組み、それぞれ無念無想の境地を体感した様子だった。

 座禅後には、雅子住職夫人らによる玄米を主食、丸ごとの野菜などを副菜とするマクロビオテックを食べたほか、社寺巡りに活用できるオリジナルの御朱印帳づくりも体験。福岡市在住の会社員木下智代さん(32)は「座禅は初めてでしたが、何も考えることなく無になれました。健康的な食事もでき、リセットできた気がします。御朱印帳も意外と簡単にできていい思い出作りができた」と笑顔で話した。

 来年も継続予定で、同大学の谷口竜平コーディネーター(36)は、「今回は30〜40歳代の女性をターゲットに女性スタッフの目線で企画しましたが、予想以上の参加者で手応えを感じました。参加者の声を生かして、さらに進化した企画を立てたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top