【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

英語力と情報活用能力を

本紙掲載日:2017-03-16
1面

県産業教育審−水産・海洋教育で答申

 県の諮問機関、県産業教育審議会(会長・長池國裕みやぎん経済研究所常務理事)は13日、四本孝県教育長に、今後の水産・海洋教育のあり方についてまとめた答申書を手渡した。グローバル化に対応するための英語力や情報活用能力を備えた人材の育成、地域や産業界と連携の必要性を示した。

 本県の水産系専門高校は宮崎海洋高校(宮崎市)のみ。1学年の定員は120人で、卒業生の約9割が海運業や水産関連企業などに就職している。

 答申では国内の水産物消費が縮小傾向にある一方で、世界的には日本食ブームなどで消費が拡大しており、国際競争社会に対応できる人材が求められていると指摘。基礎的な知識・技術に加え、英語力や情報通信技術を活用する能力や高度な技能を身に付けようとする志を育む必要があるとした。

 本県には20年連続漁獲量日本一の近海カツオ一本釣りや本格的な生産が始まった国産キャビアなどがあることから、外部講師の導入や企業と連携した加工品開発などの連携を提案。また、他教科に比べて専門教員の研修が少ないことから大学や企業と連携するなど機会の確保を求めた。

 データ解析など高度化する海洋技術に対応するため、最新機器を搭載した実習船の建造など学習環境の充実の重要性を挙げた。

その他の記事/過去の記事
page-top