【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

さらなる発展と存続を

本紙掲載日:2017-03-14
2面
あいさつする平野亮二会長

日向中央RC創立30周年記念式典

 創立30周年を迎えた日向中央ロータリークラブ(=日向中央RC、平野亮二会長、会員13人)は12日、日向市のホテルベルフォート日向で記念式典を開いた。

 同RCは昭和62年3月18日、日向東RCをスポンサークラブに、国際ロータリー第2730地区53番目(市内3番目)のRCとして、チャーターメンバー28人で設立した。

 開会あいさつに立った志賀宏二実行委員長は、参加した県内外のRC関係者約110人を前に「少人数ながら一人一人の個性を尊重し、奉仕の理念を念頭に、楽しい例会を心掛けて活動しているところ」と現状を報告。「今後ともご支援、ご協力を」と呼び掛けた。

 平野会長は、航路を示したチャーターメンバーに対し「頭の下がる思い」と感謝。「今後のさらなる発展と存続を改めて誓う」とあいさつした。

 来賓の十屋幸平市長は「地域のリーダー的人材を多く輩出してこられたことは大変頼もしく、心強い限り。30周年という節目を迎えられたのも、歴代の会長、会員の皆さまのご努力と精進のたまもの」と敬意を表した。

 同RCは創立30周年記念事業として、同市の新庁舎の来年5月の供用開始に合わせ、歴代庁舎の変遷を銅版に刻印した石碑を庁舎敷地内に建立する計画。これを前に、吉田孝一記念事業委員長は十屋市長に目録を贈呈した。

 また、長期在籍会員6人に感謝状を贈り、事務局員1人を特別表彰した。記念式典後、祝賀会もあり、親睦を深めた。

 表彰を受けた長期在籍会員、事務局員は次の通り。

▽長期在籍会員
梶原万次(29年)、吉田孝一(同)猪股定美(28年)小山明俊(同)別府嘉郎(27年)三樹正(20年)

▽事務局員
角田るみ子


感謝状を受ける長期在籍会員
その他の記事/過去の記事
page-top