【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

かわざか花物語−里神楽&春祈祷祭

本紙掲載日:2017-03-14
2面
かわざか花物語実行委員会の(左から)小野さん、安藤さん、廣瀬和男さん

25日は川坂へどうぞ−ウオークや宝探し、芝居、歌謡

◆台風水害復旧現場も見学

 延岡市北川町川坂地区で25日、「かわざか花物語2017里神楽&第4回春祈祷(はるぎとう)祭」が行われる。同地区は古くから行われていた「春祈祷」の祭りを4年前、約60年ぶりに復活させ、神楽や演芸でにぎわう。今年は新たに川坂の有名ポイント(台風水害のパイピング現象復旧工事現場、川坂湿原など)を巡る菜の花ウオーク、子どもボルダリング体験などを企画、参加を呼び掛けている。

 同地区では、早春に豊作と地域の人たちの安全や健康を願う行事「春祈祷」が古くから行われ、青年団の地芝居などでにぎわった。しかし、昭和30年前後に途絶えた。

 そこで、川坂神楽保存会の小野雅春会長らが4年前に同保存会の発足40周年を機に「地域ににぎわいを取り戻し絆を深めよう」と呼び掛け、賛同を得て「春祈祷」を復活させた。

 昨年までは「里神楽inかわざか」として地域の人たちを中心に催していたが、延岡市内外からより多くの人に参加してもらおうと、行事名も新たにし、多彩な企画を用意した。

 会場は川坂母子健康センター前広場。午前10時から「菜の花ウオーク」(約5キロ)で始まり、

 最近来訪者が増えている宮原神社や岩戸(いわど)神社、小倉處平記念堂、川坂湿原など川坂地区の名所を巡るほか、昨年の水害で問題となった川坂堤防のパイピング現象修復工事現場で県延岡土木事務所の担当者が進捗(しんちょく)状況を説明する。

 正午からは子どもの宝探し、ボルダリング体験、ステージでは神楽、芝居(光みつお劇団)、歌謡ショー(小田矢かな)、踊り、隠し芸、餅まき(3回)、抽選会などがある。うどん、ラーメン、地鶏、弁当などの出店も出る。

 菜の花ウオークは予約が必要。先着50人。参加費1人500円(保険料・記念品代)。

 会場は、道の駅「北川はゆま」から川坂湿原へ向かって車で約5分(途中に看板を掲出)。同実行委は「ぜひ多くの人に来てほしい」と来場を呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top