【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

世界ジュニアサーフィン−食や文化を発信

本紙掲載日:2017-03-09
1面

選手団、観客に−日向市十屋市長

 日向市の十屋幸平市長は7日、お倉ケ浜海岸で開かれる世界ジュニアサーフィン選手権(9月23日〜10月1日)について、各国選手団や観客に食や文化を発信し、もてなす実行委をつくる考えを示した。市議会3月定例会の一般質問で日睿孫議員(市政会)に答えた。

 同選手権は国際サーフィン連盟の規定に基づき、日本サーフィン連盟や県、市などでつくる組織委員会が運営する。十屋市長は「組織委とは別に、各国選手団のおもてなしなど、地元での受け入れを円滑に行うための組織を設ける必要があると考えている。日本サーフィン連盟など関係団体と協議を進めている」と述べた。

 日盖聴は「この千載一遇のチャンスを、チーム日向として行政だけでなく、全員で努力しないといけない」と実行委の内容について問うと、清水邦彦産業経済部長は「日向の土地柄、サーフスポットとしての資源の素晴らしさ、食や文化などを選手や観客に情報発信する企画・運営する地元の組織としたい」などと述べた。

 「選手権の成功はもちろん、2020年東京五輪に向けてどのような構想を持っているのか」という問いには、十屋市長が「各国の選手団の皆さんに、選手権で日向を直接的に体感していただき、五輪の事前合宿やホストタウン登録などにつなげていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top