【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

夜空に謎の飛行物体

本紙掲載日:2017-03-08
3面
男性が撮影した飛行物体の写真。残念ながら形を判別することはできない(6日午後7時ごろ、延岡市天下町から北西方向の上空)

延岡市内の男性、十数個の光を目撃(6日)

◆昨年5月に類似の情報

 6日夜、延岡市上空にまばゆい十数個の光を放つ物体が飛行するのを市内の男性(60歳代)が目撃した。同所では昨年5月にも同様の情報が寄せられており、新たなミステリーとして話題になりそうだ。

 男性によると帰宅中の午後7時ごろ、野田方面から天下方面へと車を走らせていたところ、北西の低空に台形のように並んだ光があるのに気付き、急ぎデジタルカメラで撮影。「大きさは比べようがありませんが、一つ一つがはっきり見えるくらいでした」

 光は台形の一辺に3、4個ずつ、外側に光を放つように並び、上辺を前にする形で音もなくゆっくりと飛行。底辺は一段と明るく光っていた。「仕事で投光器やLED照明を使うが、あの光はナイター球場の照明くらい明るかった」という。

 男性は、飛行物体を目で追いながら、貝の畑方面に向かう帰路を走行。車は時速40〜50キロで、飛行物体は少しずつ離れていったため、「車の倍くらいの速さで飛んでいたのでしょうね」。

 光は川の字やねじれた三角形のように見え、「明かりを付けた風船の列かとも考えましたが、風向きは逆だし、ドローンとかで引っ張るにしても困難でしょう」。

 飛行物体は細見町付近から高度を上げ、速日の峰と同じくらいまで上昇。その際、飛行物体の前方を大きく取り囲むように、オレンジ色の無数の光りが半円形に並んで出現。目を凝らすと、その一つ一つが凸の字の形だった。

 結局、細見方面から北方向へと飛んで行き見えなくなった。男性は19年前にも北方町の自宅上空で、まばゆく発光した直後に超高速で移動する飛行物体を目撃したことも。「あんなに明るくゆっくりと飛んでいたので、ほかにも誰かが見ていてもおかしくないはずです」

 同様の飛行体は昨年5月17日午後8時ごろに天下方面から岡富方面にかけて超低空飛行するのを家族4人が野田町の五ケ瀬川堤防で目撃している。

 この物体は三角形に近く小型飛行機よりもやや小さく「三つの角の先の部分に明かりが付いていて、内側にも赤い照明や線状の光が見えた」という。

 この時は同じ時間帯に、野田や大貫町、岡富町、柚木町など複数箇所から、「ジェット機が低空飛行するようなごう音を聞いた」「爆発音がした」という情報が相次いで寄せられた。

その他の記事/過去の記事
page-top