【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域の共有スペースブックカフェ

本紙掲載日:2017-03-04
7面
スマイルホーム360職員の林幸広さん(右端)らスタッフの皆さん。店内は明るくモダンな雰囲気
ブックカフェ「JANKENPON」は旧福瀬小校舎1階の元校長室(一番手前)にオープン
入り口の看板

日向市手をつなぐ育成会、旧福瀬小にオープン

◆障害のある人もない人も共に

 日向市東郷町の旧福瀬小学校校舎を利用した「障がい者福祉サービス事業所スマイルホーム360(さんろくまる)」内にこのほど、ブックカフェ「JANKENPON(じゃんけんぽん)」がオープンした。本を読みに来てもよし、こだわりのコーヒーを味わいに来てもよし、お弁当を広げて花見を楽しんでもよし−−。「地域の共有スペースとして自由に使ってもらいたい」と利用を呼び掛けている。

 スマイルホーム360を運営するNPO法人・日向市手をつなぐ育成会(田中まり子理事長)が、障害者施設に対する閉鎖的なイメージを取り払い、積極的に自分たちから社会参加していこうと、同市の補助事業を活用して整備した。

 発案したのは、スマイルホーム360職員の林幸広さん(35)。平成27年4月の開所時から、誰もが自由に使える共有スペースとしてブックカフェの構想を温めてきた。

 なぜブックカフェだったのか。

 壁に取り付けられた本棚の高さは、子どもの目線に合わせて設計されている。並ぶ本は絵本が中心。「まずは地元の子どもたちに足を運んでほしい」との思いからだ。

 福瀬地区に暮らす小学生から高校生までは現在約20人と少なく、地元は少子高齢化という大きな課題を抱えている。「自分たちも地域の一員として、何かできることがあるのではないだろうか」――。

 林さんは「このブックカフェを拠点に真正面から地域の課題と向き合い、解決しながら、障害のある人もない人も一緒に新しい地域の形をつくっていきたい」と語る。

 今後は、シニア世代の男性の交流を図る「シニアメンズクラブ」の立ち上げ、子どもたち向けの絵本の読み聞かせなど、地元に密着した取り組みを進めていく計画だ。

 また「この思いを実現するために、まずは皆さんに来てもらいたい」と、カフェとしての機能にも強くこだわった。

 店内は青色と木地を基調とした、明るくモダンな雰囲気になっている。提供するコーヒーは「ここだけでしか飲めない」というオリジナルブレンド(200円)。市内のコーヒー豆専門店に焙煎(ばいせん)を依頼し、指導を受けたスタッフが、一杯ずつ心を込めて入れる。「ゆっくり時間を過ごしてもらいたい」と、おかわり1杯は無料。コーヒーとデザートのセット(290円)も提供している。

 テーブル席とカウンター席、合わせて12席あり、校庭が見える窓からは明るい日差しが注ぐ。林さんは「使い方は自由。これからどう使われるのか、この場所がどう成長していくのか、本当に楽しみです」と話している。

 ブックカフェ「JANKENPON」は日向市の市街地から車で約20分の旧福瀬小校舎1階。営業日時は毎週月、水、土曜日の午前10時〜午後3時。問い合わせはスマイルホーム360(電話日向69・3010)。

その他の記事/過去の記事
page-top