【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県議会代表質問2日目−田口雄二議員

本紙掲載日:2017-03-03
2面

 県議会定例会は2日、代表質問最終日を行い、田口雄二議員(県民連合宮崎、延岡市区)と河野哲也議員(公明、同)が登壇した。主な質疑応答は次の通り。


◆五ケ瀬川水系−アユ資源回復に本腰

【田口雄二議員】
▽東九州自動車道の正面衝突事故防止対策=暫定2車線区間の上下線をワイヤロープで分離しての検証試験が4月から、門川IC―日向ICなどで始まる。
▽ライチの産地化=積極的に取り組め。
▽アユ資源の回復=五ケ瀬川水系での取り組みを示せ。

【東憲之介県土整備部長】
▽東九州自動車道の正面衝突事故防止対策=ワイヤロープの試行設置は暫定2車線区間という狭い幅員での実施となるため、維持管理や非常時の緊急対応などを含めた多面的な検証が必要と伺っている。

【郡司行敏農政水産部長】
▽ライチの産地化=平成22年度から生産技術の確立などを進めた結果、27年度は栽培面積が2・6ヘクタール、生産量が4・9トンとなった。マンゴーに続くブランド品としたい。
▽アユ資源の回復=昨年12月に関係者とで五ケ瀬川水系アユ資源回復プロジェクト実行委員会を立ち上げたところ。本年から延岡湾の海産稚アユ漁を停止し、併せて河川での瀬掛け漁の期間を短縮する。それでも回復しない場合は稚アユ漁の停止を門川町から日向市の沿岸まで広げ、瀬掛け漁を全面禁止とする。カワウ対策も強化する。

その他の記事/過去の記事
page-top