【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「自分らしい生き方を」

本紙掲載日:2017-03-02
2面
自身の生き方について話す加来さん

延岡市職員研修会−GAKUON加来社長が講演

 延岡市の職員研修会がこのほど、市役所講堂であり、宮崎市のイベント企画・運営会社GAKUONユニティ・フェイス取締役社長の加来聖子さん(52)=延岡市出身=が、「女らしく、男らしくではなく、自分らしく〜新入社員から、今にいたるまでの私の生き方」をテーマに講演した。

 加来さんは、芸能界や音楽業界への憧れから、勤めていた銀行を辞めて現会社に入社。その動機や、企画を断られても諦めずに交渉を重ね、さまざまな工夫を凝らしたコンサートやアイスショーなどのイベントを成功させてきた体験などを紹介。

 新しいものをつくることは大変なこととしつつも、「『やりたい』と手を上げている人には、おおらかな気持ちでやらせてほしい」と人材育成も踏まえて大切さを指摘。「新しいものづくりは、まちづくりの取り組みに返ってきます」と話した。

 仕事をする上で重きを置く部分として、仕事のプラスアルファの要素となる「気働き」とした上で、楽屋への手作り冷や汁の差し入れがアーティストに好評なことなどを紹介。「プラスアルファは相手も楽しみにしています。余裕があれば心掛けてほしい」とアドバイスした。

 また、これまで数々の大病を患いながら、克服してきた人生を振り返り、「私は生かされている」と感謝。「何かに貢献したいという気持ちが、年とともに深まっています。エンターテインメントは人の心を豊かにし、表情を笑顔にします。これからも素晴らしいエンターテインメントを届けたい」と語った。

 研修会は、男女共同参画社会づくりの推進を目的に開催し、管理職や女性職員など約150人が話を聞いた。加来さんは、延岡高校卒。昭和62年、GAKUONユニティ・フェイスに入社し、38歳で社長に就任。宮崎を中心に九州各地のコンサートやイベントを年間100本以上手掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top