【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

架空請求詐欺−860万円被害

本紙掲載日:2017-02-28
3面

高千穂町の40代男性

 高千穂署は27日、高千穂町内の40代男性が総額約860万円をだまし取られる架空請求詐欺被害が発生した、と発表した。同署は詐欺事件として捜査を進めるとともに、不審な電話への注意を呼び掛けている。

 同署によると、今年1月30日、男性の携帯電話に「有料コンテンツ運営会社から身辺調査の依頼を受けている。本日中に問い合わせを」とのショートメールが届いた。

 男性が、メールにあった連絡先に電話したところ、この運営会社の仲介業を名乗る男から「あなたには未払い料金がある。支払わないと民事訴訟を起こされる」などと言われ、解決金を要求されたため、その日のうちに男が指定した都内の住所宛に現金書留で約5万円を送付した。

 しかし、その数日後から、この男や別の男が「別の会社が民事訴訟をしている。弁護士費用などで70万円を送れ」「消費者金融から限度額まで借りて送れ」などと繰り返し電話で現金を要求してきたことから、男性は今月3〜13日までの3回にわたり、合わせて約860万円を宅配便で送ったという。

 22日以降、男2人と連絡が取れなくなり、不審に思った男性が同署に相談して発覚した。同署は「現金書留以外の宅配便で送金を指示する手口は全て詐欺。不審な電話があった場合はすぐに警察に相談してほしい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top