【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

取り組みの成果を報告

本紙掲載日:2017-02-28
2面
授業内容を振り返る旭化成メディカルMT恒富工場の山口さん

講師派遣事業推進会議−延岡市教委

 延岡市教育委員会の「平成28年度講師派遣事業第2回推進会議」が23日、同市社会教育センターで開かれ、年間の取り組みについて中学校側と企業側からの成果報告などがあった。市内七ツの企業と団体の代表、市内全中学校の担当教諭、日之影町、門川町、五ケ瀬町の担当者ら合わせて約50人が出席した。

 笠江孝一教育長と企業側代表の旭化成延岡支社の片山俊之総務部長があいさつ、事業の役割が一層深まり発展していくことに期待を寄せた。

 市教委の黒田勝彦さんが事業の概要と課題などについて説明後、南浦中学校の藤本洋隆教諭、三川内中学校の河野義和教諭、旭化成メディカルMT恒富工場の山口直人さんが報告に登壇。それぞれ授業内容や生徒たちの反応など、写真を使って振り返った。

 南浦中は、全校生徒7人で旭化成せんい不織布工場を訪問。濾(ろ)紙を使った濾過実験などを行ったほか、不織布について学んだ。

 「不織布がたくさんの製品に使われ、海外に輸出されていることを知り、市民として誇りに思った」など、生徒の感想が紹介されたのをはじめ、同社が延岡で創業した理由について「水、土地、エネルギー源があったからではないか」という仮説を元に調査。調査内容を保護者たちに発表したという。

 三川内中は、全校生徒10人で旭有機材を訪れ、同社の歴史や事業内容について学んだほか、自分たちでパイプをつなぐ実技を体験。「バルブ一つに何人、何万人の人が関わっているんだと思った。理科や技術は社会に出てもあまり使われないと思っていたが、考えが変わった」「延岡にこんなすばらしい会社があることを知ることができた。(人事管理部の)伊東さんの話に、今すぐにでも将来のことを考えなければならないと分かった」と生徒の感想が紹介された。

 山口さんは島野浦中、恒富中、岡富中の生徒たちを対象に行った授業について話した。人工腎臓や中空糸製造技術の紹介を通じて、論理的思考能力を向上させることや、生徒たちの知的好奇心を刺激することに工夫した学習の流れを振り返った。

 また、「新しい知識を子どもたちに与えた後が分からず、投げっ放し感がある。子どもの希望に応じて追加学習をする仕組みがあるとよい」「時間の都合上、子どもたちと深く触れ合う時間がないため、派遣事業とは別に、社会の先輩として相談を受ける機会があってもよいのではないか」と、学校側に投げ掛けた。


延岡市の第2回講師派遣事業推進会議
その他の記事/過去の記事
page-top