【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

山菜まつりなどイベント多彩

本紙掲載日:2017-02-24
6面
西米良村の観光PRで夕刊デイリー新聞社本社を訪れた同村むら創生課の渡邉さん(右)と大久保さん

カリコボーズの「春めぐり」−西米良村

 西米良村の春の観光をPRしようと、同村むら創生課の渡邉香苗さんと大久保零菜さんが21日、延岡市大貫町の夕刊デイリー新聞社本社を訪れた。

 「カリコボーズの春めぐり」と銘打ち、3月から5月にかけて村内各地区でイベントがめじろ押し。5月3日に小川地区のおがわ作小屋村で開かれる「第18回山菜まつり」ではタラの芽、ゼンマイ、タケノコ、シイタケなど春の山菜が堪能できる。山菜の天ぷらや地元婦人会による手作りの特産品などが会場に所狭しと並ぶという。

 4月2日に越野尾小学校跡で開かれる「第10回こしのお春まつり&桜ウオーキング大会」は、同村の東の玄関口である越野尾地区で一ツ瀬ダム湖周辺のヤマザクラを満喫しながら郷土料理が味わえる。ウオーキング大会は6キロと7キロのコースがあり、参加料100円(当日参加も可)。

 4月29日は石堂山(標高1547メートル)、市房山(標高1721メートル)、天包山(あまつつみやま、標高1189メートル)の「米良三山」で山開き。また、5月から6月にかけては村内でホタルを見ることができ、鑑賞ツアーも計画されている。

 「3月下旬ごろからヤマザクラに始まり、ソメイヨシノ、エドヒガンなど約1カ月にわたって数種類の桜が楽しめます。おいしい山菜も味わえます。ぜひ、西米良村へお越しください」と渡邉さんと大久保さん。ウオーキング大会など各イベントに関する問い合わせは西米良村観光協会(電話0983・36・1111、村役場内)。

その他の記事/過去の記事
page-top