【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

強盗事件への対処訓練

本紙掲載日:2017-02-24
2面
郵便局での強盗事件を想定した対処訓練

郵便局で意識高揚促す−高千穂警察署

 高千穂警察署(服部昭博署長)は21日、高千穂町上野の上野郵便局(飯干勝生局長)で強盗事件を想定した対処訓練を実施、局員に犯人への対応や警察への通報要領などを確認してもらい、防犯意識の高揚を促した。

 訓練は、業務中の犯行を想定。上着のフードとサングラス、マスクで顔を隠して犯人に扮(ふん)した警察官が正面出入り口から押し入り、女性客を人質に刃物をちらつかせながら手持ちの紙袋を差し出して「金を出せ」と要求した。

 窓口の局員が犯人に対応する間、別の局員が非常通報装置で警察に通報。用意された現金を手にした犯人は人質を解放、乗り付けた車で逃走した。局員はカウンターに置いてあるカラーボールを持ち出し、逃走車両に投げ付け、その後、通報を受けて駆け付けた警察官に犯人の特徴や逃走車両のナンバー、逃げた方向などを伝えた。

 この日は、西臼杵郡内にある郵便局の局長や窓口の局員ら5人も訓練を見学。同署刑事生活安全課の署員から「日ごろから非常通報装置やカラーボールの位置を確認しておくことが大切」「強盗が押し入った際は身の安全が最優先」などとアドバイスを受けたほか、近くの上野駐在所でカラーボールの投てき訓練にも取り組んだ。

 飯干局長は「訓練と分かっていても恐怖感を感じた。今後、独自に訓練を実施するなどして、これまで以上に防犯意識を高めていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top