【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小中学生に地域愛醸成を

本紙掲載日:2017-02-23
3面
知事とのふれあいフォーラム。意見を述べるミツワハガネの甲斐千尋社長。右隣は宮崎ひでじビールの永野時彦社長

ふれあいフォーラム

◆知事と中核10社−人材育成・確保で意見交換

 「知事とのふれあいフォーラム」が2月22日、県庁であった。県が地域中核的企業認定のミツワハガネ(延岡市天下町)と宮崎ひでじビール(同行縢町)、成長期待企業認定の宮崎、都城市などの8社のトップが参加し、人材の育成・確保をテーマに意見交換した。

 本県は高校生の地元就職率が平成27、28年と連続して全国最下位で、人口減少対策とも絡めていかに若者の県外流出を防ぐかが大きな県政課題となっている。

 本県唯一の地ビール・発泡酒専業メーカー、宮崎ひでじビールの永野時彦社長は「まずは地元に住みたいかどうかが重要。小中学生に対する地域愛の醸成を手を抜かずにしっかりやるべきで、生の人間を通して地域の魅力を伝える機会を増やしてほしい」と述べ、中長期的な取り組みの必要性を指摘した。

 経済産業省の「元気なモノづくり中小企業300社」に選出されたミツワハガネの甲斐千尋社長は、販売シェアの拡大が企業の成長、ひいては人材の確保につながるとして、「関西地区にも、東京にあるような県内中小企業の活動拠点を整備してほしい」と要望した。

 串間市のサツマイモ生産法人の代表は「フルタイムやパートタイムなど四つの働き方を提示し、どの枠にするかは自らが決めるシステムにしているが、おおむね好評。新たな人材確保にもつながっている」と紹介した。

 知事は「いろんなヒントをいただいた。宮崎の子どもたち、県外の人材に振り向いてもらうため、今後とも宮崎の良さを精いっぱいアピールしていきたい」と締めくくった。

その他の記事/過去の記事
page-top