【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

焼酎と宮崎牛「アピールに工夫必要」河野知事

本紙掲載日:2017-02-22
2面
シェフなどを招いたPRイベントでアピールする県内酒造メーカー(米・ニューヨーク)=県提供=

米国訪問しトップセールス

 焼酎と宮崎牛のトップセールスのため、河野知事は13日から18日まで、米国のニューヨークとロサンゼルスを訪問した。シェフやメディア関係者を招いたPRイベントを開催、宮崎牛を扱う商社や県人会と意見交換した。「今後さらに具体的な取引に、どう結び付けていくのか工夫が必要。意見を踏まえて戦略を考えていきたい」と話した。

 訪問には、知事やジェトロ宮崎、県経済連、焼酎メーカー7社などが参加。ニューヨークでは、PRイベントに約80人が招待され、焼酎を使ったカクテルや宮崎牛料理を提供。各メーカーとも手応えを感じた様子だった。

 また、平成25年度から宮崎牛を取り扱うニューヨーク共同貿易株式会社や卸会社のデブラガ社を訪問した。

 15日にはロサンゼルスに移動し、日本の伝統芸能などを紹介する日米文化会館や、外務省が発信拠点として整備中のジャパン・ハウスを訪問。県産品のPRや文化交流について意見を交わした。

 知事は「日本酒に比べて認知度が低い中で売り方に工夫が必要だと感じた。宮崎牛は高く評価され、受け入れられる余地があると自信を得た」と振り返り、「アメリカで評価されることが他の国へのアピールにもなる。しっかり考えてグローバル戦略を展開し、将来的には誘客につなげていきたい」と意気込んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top