【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂産「麻」復活へ

本紙掲載日:2017-02-22
1面
かつて高千穂郷(西臼杵郡一帯)で広く栽培されていた麻の刈り取り作業(昭和55年7月25日、高千穂町内=同町提供)
麻の皮を清流でほぐし繊維化への「苧扱(おこ)ぎ」作業(高千穂町提供)
 国指定重要無形民俗文化財の高千穂の夜神楽。舞い手の衣装や神楽面の頭を覆う「ドッサリ」には麻が使用される。地元で麻を育て、伝統芸能をより磨き上げようとの試みが始まろうとしている

夜神楽衣装に必需品

◆世界農業遺産認定を機に

 高千穂郷・椎葉山地域の世界農業遺産認定を契機に、高千穂町の特産だった「麻」の栽培を復活させる取り組みが始まっている。夜神楽の衣装などに欠かせない麻を自前で調達し、正真正銘の本物の伝統芸能に磨き上げるとともに、県内はもとより九州一円の神楽に係る分も生産販売する計画。県が東京五輪の開会式イベントに提案する「天の岩戸開き」が採用された場合に備え、来年度中の生産組合設立を目指す。

 21日に宮崎市の県自治会館であった市町村・地域づくり団体等協働モデル事業報告会で、麻栽培経験者や神楽の舞い手、町職員、JA高千穂地区職員らでつくる町伝統的農法研究会(眛J弧晴馗后砲発表した。

 町史によると、栽培日数が短くて病気に強く、やせた土地でも育つ麻は最盛期の明治時代には約460ヘクタールで栽培されていた。しかし、戦後の大麻取締法で栽培が知事の許可制になったことや、高度経済成長に伴う化学繊維の普及、さらには水稲栽培の拡大で昭和50年代半ばで姿を消した。

 町民にとって身近な存在だった麻は、神楽にもふんだんに使用されてきた。衣装や神楽面の頭を覆う「ドッサリ」などだが、栽培が途絶えたことにより新調の際は外国産に頼らざるを得ず、その度合いが多くなっているのが現状という。

 同研究会では、伝統芸能などの生活文化と農業との密接な関わりが評価された世界農業遺産認定を受け、手始めとして麻栽培の復活に着目。国内の9割生産の栃木県鹿沼市や、神事用の麻繊維の復活に取り組む三重県伊勢市の事例などを勉強しながら議論を重ねてきた。

 その結果、栽培に意欲的な農家や、復活するなら加工技術者として移住したいという若者の存在、県内関係機関の協力が得られるめども付いたことなどから前に進めることとした。

 今後は来年度中に神楽保存会を中核とした生産団体を設立し、併せて、担い手の確保・育成に向けた基盤整備や栽培継承の仕組みづくり、加工技術を有する人材の誘致、伝統芸能などの保全や栽培に伴う条例整備、近隣市町村との連携強化に取り組む。

 同研究会メンバーの町農林振興課の児島尚憲さんは「本物を継承していきたいので、衣装からこだわりたい。五輪開会式で地元産の麻の衣装で神楽が舞われたら最高です」と話している。


その他の記事/過去の記事
page-top