【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

文化活動盛り上げよう

本紙掲載日:2017-02-20
2面
キックオフイベントのオープニングを飾った高千穂の夜神楽
延岡市郷土芸能保存会による「団七踊り」も披露された

宮崎市でキックオフイベント

◆東京五輪と国民文化祭−両大会の成功誓う

 東京オリンピック・パラリンピックと本県で国民文化祭が行われる平成32年に向け、県内の文化活動を盛り上げるためのキックオフイベント「天孫降臨から日本のひなた宮崎県へ」(県・県芸術文化協会主催)が19日、宮崎市のメディキット県民文化センターであった。約1100人が参加し、高千穂の夜神楽など県内の伝統芸能などを楽しみ、両大会の成功を誓った。

 五輪開催を契機に文化芸術の力で地域を活性化し、貴重な遺産を未来に継承しようと始まった国の「文化プログラム」の一環。本県では同じ年に国民文化祭が予定されることから、同プラグラムへ県民の積極的な参加を促し、併せて文化祭成功の機運づくりの第一歩としようと企画した。

 オープニングは、国の重要無形民俗文化財指定の高千穂の夜神楽。二上神社神楽保存会が「手力雄(たぢからお)の舞」などを力強く披露した。

 延岡市郷土芸能保存会の「団七踊り」、日向田植唄保存会(美郷町)の「田植え唄」、椎葉村民謡会の「正調ひえつき節」も大きな拍手を浴びた。

 日向市の花柳絹太さんの日本舞踊「天照大神」も花を添え、日向市東郷町若山牧水顕彰会は短歌を朗詠した。

 記念講演もあり、来年大分で開かれる国民文化祭アドバイザーでNPO法人・BEPPUPROJECT代表理事の山出淳也さんが本県に期待することとして、「高千穂の夜神楽など地域ならではの文化を発信し、誇りの醸成につなげてほしい。価値が定まっていない文化的取り組みへの応援も忘れないでほしい」と呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top