【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「行け行け」「負けるな」

本紙掲載日:2017-02-20
3面
沿道では、多くの人たちが力走する選手に声援を送った
中学生へのエールを込めて走る足立選手

天下一!のべおか中学駅伝

◆沿道の声援に好記録続出

 延岡市中心部で19日に行われた「2017天下一のべおか中学駅伝」。風もない快晴のもと、今大会では大会新記録や区間新記録が続出。沿道の人々は、見応えあるレースを楽しみながら選手に「ファイト」「頑張れ」と声援を送った。

 選手らは、ペースメーカーを務めた旭化成陸上部の選手に引っ張られながら力走。鹿児島、大分の強豪校も参加し見応えのあるレースを展開した。沿道からは「行け、行け」「負けるな」。選手は顔を上げ、歯をくいしばって懸命に走った。

 沿道の人々は地元に関係なく、目の前を通る選手らに大きな声でエールを送り、手をたたいて応援。ロードレースでも自己ベストを更新する選手が多数出た。

 初めて応援に来たという延岡市伊達町の野義人さん(87)は「きょうは風もないし、最高のコンディション。選手たちには今後もたくさん練習して、県の駅伝大会などでどんどん活躍してもらいたいね」と話した。

 妹を応援に母、祖母と来た都城市の小野田麟君は「いろんな所から選手が参加していて規模が大きくて驚いた。選手は皆一生懸命走っていてかっこよかった。妹にも『頑張ったね』と声を掛けてあげたい」と笑顔で話した。

 閉会式で、大会会長の福村正勝延岡市陸上競技協会会長は、大会新記録や区間新記録が多数出たこと、旭化成のニューイヤー駅伝優勝などに触れて「気象状況も良かったのだろうが、天下一のべおか中学駅伝競走大会始まって以来の好成績。延岡は旭化成の優勝で陸上熱が盛り上がっている。そういう意味でもきょうの大会は良かった」と話した。

◆豪華!ペースメーカー
 サブテンランナー足立選手(旭化成)

 前回に続き、旭化成の3選手がペースメーカー。中でもマラソンのサブテン(2時間10分以内)ランナー足立知弥さん(31)が中学生を引っ張る豪華な演出があった。

 2月5日に別大マラソンを走ったばかりの足立選手。ほかの選手の都合により急きょ、ペースメーカーを頼まれたが、快諾。後輩の中嶋和希選手、西純平選手とともにロードレースと駅伝1区の3キロ2本を走った。

 足立選手は「自分のレースは緊張しながらだが、きょうは将来、陸上選手になるかもしれない中学生を応援しながら和んだ気持ちで走ることができて、すごく良かった」と感想。中学生へ「長距離はやっぱりきつい競技だが、コツコツとやれば結果につながる。陸上以外のことでも、諦めずしっかりやってほしい」とエールを送った。


その他の記事/過去の記事
page-top