【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

内藤記念館で牧水特別展−3月20日まで

本紙掲載日:2017-02-15
2面
増田さんの解説を聞きながら資料をのぞき込む参加者
初公開されている回覧雑誌「あけぼの」16号
牧水も聞いた初代城山の鐘。明暦2(1656)年に当時の城主有馬康純が今山八幡宮に寄進したもので、「延岡」の地名が見られる最古の資料としても貴重。西南戦争と太平洋戦争時に拠出の危機に遭ったが逃れた

25日に塩月顕彰会会長が講演−延岡

 歌人若山牧水に関する特別展「若山牧水の生涯−歌人『牧水』誕生の地、延岡」が、延岡市天神小路の同市内藤記念館で開かれている。初公開の回覧雑誌「あけぼの」16号、直筆の草稿など牧水の人柄が伝わる貴重な資料233点を15テーマに分けて展示している。3月20日まで。12日は同館の学芸員増田豪さんの展示解説があり、20人が参加した。

 「あけぼの」は、牧水が旧制延岡中時代に仲間と共に作っていた回覧雑誌。印刷物ではなく手書きのため各号1冊しかない。回覧して、それぞれの作品に対する批評を書き込んでいた。

 この16号が最終で、牧水の卒業・上京後に出された。増田さんによると、仲間たちは牧水を送る文章を寄せ、牧水は「江戸より」と題した一文で上京したばかりの気持ちを伝えている。同誌は昨年8月に平賀春郊の孫、徹さんから市に寄贈された。同展期間中、見せるページを毎週変えて展示するという。「どうぞ毎週見に来てください」と増田さん。

 また、牧水が谷自路邸で第13歌集「くろ土」の扉に揮毫(きごう)した歌は「ふるさとに帰り来りて先(ま)づ聞くはかの城山の時告ぐる鐘」。しかし「ふるさと」の「さ」は、後で横に書き加えられており「牧水のおおらかな人柄が表れている」。

 ほかにも掛け軸や草稿などはいずれも直筆。増田さんは「推敲(すいこう)の跡から、牧水がどのように創作をしていたかが分かる。文字から、書くスピードも感じ取れるので、そういった点を見てほしい」と話した。

 牧水がその音を聞き、「ふるさとに」の歌に詠み込んだ初代城山の鐘(県指定有形文化財)も展示している。

◆3月12日に2回目の展示解説−増田さん

 25日午後1時30分からは同所で塩月眞・若山牧水延岡顕彰会会長が「繁が牧水になったまち延岡」と題して講演する。繁(しげる)は牧水の本名。また、増田さんの2回目の展示解説が3月12日午前10時から行われる。

 入場無料。会期中は無休。開館は午前9時から午後5時まで。

その他の記事/過去の記事
page-top