【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

サーフィン移住−安部さん、日向に整骨院

本紙掲載日:2017-02-14
3面
1日に開業した「結び整骨院」の安部亮兵さん、結さん夫妻

ひむかビズ、日本公庫が支援

 日向市北町に1日、大分市出身の柔道整復師、安部亮兵さん(30)が院長を務める「結(むす)び整骨院」が開業した。同市産業支援センターひむか‐Biz(ひむかビズ)と日本政策金融公庫(日本公庫)延岡支店が連携して開業支援した。

 亮兵さんは、趣味のサーフィンをきっかけに3年前に同市に移住。同市江良町の「みなと針灸整骨院」で約3年間働き、同市での独立を決意した。

 受け付けを担当する妻・結(ゆい)さん(28)=椎葉村出身=とは開業日の1日に入籍。院名は結さんの名前にちなんで付けた。「患者さん一人一人とのつながりを大切にしていきたい」との思いも込められている。

 ここまでの道のりは容易ではなかった。地元を離れて開業することに反対していた亮兵さんの父親を説得したりと、さまざまな壁を乗り越え、2人は先月4日、融資を申し込むため延岡市瀬之口町の日本公庫延岡支店を訪ねた。すでに開業場所は押さえていた。ただ、予定していた開業日まで1カ月を切っていた。

 事業計画書を事前に作成していたことで、融資の手続きはスムーズに進んだ。心配だったのは、開業時の集客について。そのことを聞いた日本公庫延岡支店の担当者はすぐに、2人にひむかビズを紹介した。

 その後、2人は開業日の前日まで計3回、ひむかビズの経営相談(無料)を利用し、さまざまなアドバイスを受けながら、準備を進めた。2人の本気の姿勢も伝わり、二つの機関は連携して迅速に支援。無事、予定していた1日に開業日を迎えた。

 亮兵さん、結さんは「地域に根付き、地域の人たちから信頼される整骨院を目指し、誠心誠意、頑張っていきたい」と話している。

 結び整骨院は、日向市北町1の109匠ビル。問い合わせは同整骨院(電話日向60・3036)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top