【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

海産稚アユ漁が解禁

本紙掲載日:2017-02-14
1面
稚アユ漁の網を引く漁業者(13日午前、門川湾で)

延岡湾は採補休止も−県内一斉に

 川に遡上(そじょう)する前のアユを捕る海産稚アユ漁が13日、県内で一斉に解禁された。漁期は3月9日までだが、資源保護のため、県全体の採捕量が390キロに達した時点で打ち切られる。県北の漁場のうち、アユ資源の枯渇が危惧される五ケ瀬川水系の延岡湾では今シーズンの採捕が休止された。

 門川湾には、県の許可を受けた門川漁協(黒木巧組合長)の組合員が3隻の船団を組んで出漁。海浜公園近くを中心に網を引き、全長4〜5センチに育った稚アユを捕った。

 初日の水揚げは昨年より多かったそうで、黒木組合長は「解禁前から魚影が濃いのを確認していた。昨年は2月いっぱい出漁したが、今年は早めに上限に達しそう。五十鈴川水系については例年より期待していいと思う」と話していた。

 アユは秋に川で産卵・ふ化した後、全長5センチ前後まで沿岸域で育つ。県水産政策課によると、延岡湾の稚アユの漁獲量は、昭和57年の5・7トンをピークに平成15年以降は1トン前後まで減少。昭和47年に約90トンあった五ケ瀬川のアユの漁獲量も平成26年は4・3トンに激減している。

 このため、県は五ケ瀬水系のアユ資源回復を図るプロジェクトに着手。関係者の合意を得て今シーズンの延岡湾の海産稚アユ漁を休止した。同湾以外では、門川町と日向市の4業者が特別採捕の許可を受けている。

その他の記事/過去の記事
page-top