【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アカアマダイ−2万2千匹を生産

本紙掲載日:2017-02-11
3面
放流のため、協会の水槽からトラックに移されるアカアマダイの稚魚

県水産振興協会−県南沿岸に放流

 延岡市熊野江町の県水産振興協会(是澤喜幸理事長)で生産し、全長約7センチ(4グラム)に育ったアカアマダイの稚魚2万2千匹が10日、県南地方の沿岸に放流された。

 アカアマダイは、1キロ約2千円の高値で取引される白身の高級魚。水深70〜160メートルの砂泥底にすみ、主にはえ縄漁で水揚げされる。県内の漁獲量がピーク時の平成元年に比べて1割以下に激減しているため、県の委託を受けた協会が平成26年度から放流用の種苗生産に取り組んでいる。

 協会によると、生産に用いるのは天然の活魚から採って人工授精させた卵。今年度は昨年10月下旬に約9万粒の受精卵を搬入、約9割にあたる8万3千匹がふ化した。このうち約4割が放流サイズまで育ったものの、出荷に備えた作業後に一部が死んだという。

 放流した稚魚はいずれも腹びれをカットした標識魚。前年度も1万5千匹を県沿岸に放流、県が水揚げの機会を利用して追跡調査している。ただ、全長20センチ以上の漁獲サイズに育つには4〜5年かかるため、まだ標識魚が水揚げされた例はないという。

 県は来年度以降も種苗生産を継続する方針。県水産振興協会の水田篤技術主任は「ふ化仔魚(しぎょ)の生残率が約4割に達するなど先進県の山口県とほぼ同じレベルになった。技術的には追いついたと思うが、種苗の量産化には親魚の確保が課題になる」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top