【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ふるさとへの思いや夢発表

本紙掲載日:2017-02-06
2面
部活動で学んだことを話す三川内小中の小西亮輔君

子どもの声を聞く会−延岡市北浦町

 延岡市北浦地区青少年健全育成連絡協議会(福島民雄会長)の平成28年度北浦町「子どもの声を聞く会」が4日、北浦中学校体育館であり、町内3校の小中学生8人がふるさとへの思いや将来の夢を発表した。

 同会は、子どもたちの夢や学校行事などを通して感じた思いを発表してもらい、行政や学校、地域が一丸となった健全な子どもの育成を図ることを目的に毎年開催している。今年から、より多くの人たちに聞いてもらおうと、土曜授業の時間を利用して行った。

 三川内小中学校の宮本愛美さん(4年)は、クラスメート二人の魅力について「あみさんは、どんな時も優しくて思いやりがある。けいま君は笑わせるのが得意で、周りの人たちを変えられる力がある」と紹介。「私も周りからすばらしいと思ってもらえることを増やしていきたい。大切な友達を大事にして5年生の準備をしっかりしたい」と話した。

 北浦小学校の宇戸田華恋さん(5年)は、「北浦町のよいところ」と題して発表。自然やおいしい魚、地域で活動する「元気塾」、シイタケの生産者などを挙げ、「北浦を調べることでますます大好きになった。これからも頑張っている人を発見し、私も良い町、元気な町にしたい」と語った。

 北浦中の木村梨花さん(3年)は、「夢を聞かれた時に、『なりたい』というのは自信が無いからだと気づいた。なりたいではなく、自信を持って『助産師になります』と言えるようにしたい」と決意。「赤ちゃんが好きだからという甘い考えではやっていけない仕事。小さな命と向き合う大変さも聞いている。これから学力をつけて、役に立つ助産師になるよう過ごしていきたい」と抱負を述べた。

 そのほか5人が登壇し、思いを発表。会場には北浦小の4年生以上の児童、三川内小中の4年生以上の児童生徒、北浦中の全校生徒、保護者や教員、地域の人たちなど約230人が訪れ、発表に聞き入った。


発表を聞く児童生徒
その他の記事/過去の記事
page-top