【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡花物語−このはなウォーク会場整備

本紙掲載日:2017-02-06
3面
延岡地区建設業協会の作業
花物語実行委員会の作業
天下一ひむか桜の会の松田会長と松田香代子さん

五ケ瀬川堤防と河川敷−ボランティアで着々と

 延岡市野地町の五ケ瀬川右岸堤防と対岸(古川町)の河川敷で25、26日に開かれる「延岡花物語このはなウォーク」に向けて、会場整備がボランティアの手で進められている。

 4日は延岡地区建設業協会(山司会長)が左岸150メートルと右岸1キロ、5日は花物語実行委員会(清本英男会長、谷平興二実行委員長)が左岸1・2キロにわたって河川敷の草を刈った。当日左岸はイベント会場を挟んで上流と下流に約千台収容できる大駐車場となり、右岸では結婚披露宴、花鉢の販売、チェーンソーアート大会などが行われる。

 建設業協会からは70人、実行委からは約30団体300人が参加した。作業に慣れた人ばかりだが、会場が広大なので大仕事だ。刈り払い機やレーキを使い、〃人海戦術〃で立ち向かっていった。

 延岡地区建設業協会の甲斐睦央事務局長(65)は「大変だが、会場がきれいになってみんなに喜んでもらえればうれしい。市民が一体となって延岡の名所をつくりあげたい」と話していた。

◆グランプリ受賞、仲間に祝福され笑顔

 先日、国交省の「手づくり郷土(ふるさと)賞」でグランプリに輝いた「天下一ひむか桜の会」(松田庄司会長)も、5日の草刈り作業に参加した。花物語実行委員会の仲間にグランプリ受賞を祝福されて笑顔。

 松田会長らは、県外に住む同期生(延岡市内の高校を昭和36年に卒業した人たち)から、「ふるさとに桜の名所をつくって恩返しがしたい」と思いを託され、野地町の堤防に天下一ひむか桜(河津桜)300本と菜の花100万本を植えた。これが「延岡花物語」という大きなイベントに成長した。

 松田会長と会員の松田香代子さんは7年間、毎日のように同堤防に通って桜と菜の花の世話をしてきた。2人の地道な活動に刺激を受けて「コノハナロード市民応援隊」(124人)も生まれた。

 松田会長は「コツコツとやってきたことが認めてもらえてうれしい」と、グランプリ受賞の喜びを改めて話すとともに、「こんなに大きなイベントになり、ふるさとへの恩返しの夢がかなったのはみんなのおかげ」と感謝した。

 松田香代子さんは「グランプリ受賞を、みんなにこんなに喜んでもらえると思わなかった」と、喜びが増した様子だった。

その他の記事/過去の記事
page-top