【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

曲渕(延岡工)、全国大会へ

本紙掲載日:2017-02-03
9面
優勝し、全国出場を決めた曲渕

高校卓球県選抜大会

◆男子単県選抜大会制す

 高校卓球の第44回全国選抜大会(シングルスの部)県予選会を兼ねた平成28年度県選抜大会は28、29日、日南市のさくらアリーナで行われ、男子個人で延岡工の曲渕大貴が優勝し、全国大会(3月26〜28日、大阪)出場を決めた。

 大会は男女の団体とシングルスがあった。県北勢は団体の女子で延岡が4位、男子で延岡工が5位に入った。結果は次の通り。




【男子】
[団体]
▽2回戦
延岡工3―0延岡、日南学園3―0延岡商

▽準々決勝
都城商3―0延岡工

▽敗者復活1回戦
延岡工3―0宮崎西

▽5位決定戦
延岡工3―2都城

▽決勝
宮崎商3―2日南学園

[個人]
▽予選リーグ突破者=曲渕(延岡工)後藤(延岡)吉癲弊臼澄貌山(延岡)岩井(延岡工)木下(同)岩切(延岡商)西村(延岡)尾崎(延岡工)吉高(同)和田(延岡商)木原(延岡工)渡部(延岡)甲斐(延岡工)河内(延岡)。

▽決勝トーナメント1回戦勝者
西村、木原、甲斐

▽同2回戦勝者
曲渕、吉癲岩切、吉高、甲斐

▽準決勝
曲 渕 3 16―14 1 今 村(都城商)
       7―11
      11― 6
      12―10

▽決勝
曲 渕 3 11― 2 2 増 田(都城商)
       7―11
      11― 8
       8―11
      11― 9

【女子】
[団体]
▽1回戦
西都商3―1延岡商、都城商3―1延岡工

▽準々決勝
延岡3―2西都商

▽準決勝
日南学園3―0延岡

▽3位決定戦
宮崎商3―1延岡

▽決勝
日南学園3―0都城商

[個人]
▽予選リーグ突破者
前田(延岡工)奈須(延岡商)片伯部(延岡)山口(同)末安(同)吉村(延岡工)

▽決勝トーナメント1回戦勝者
末安

▽同2回戦勝者
片伯部、吉村

▽決勝
岩切(宮崎商)3―0小田(都城)


◆「気迫全面に」粘り勝つ−希少な左カットマン

 「絶対に優勝し、大阪の全国選抜に行くという気持ちが全面に出て、今までで一番声も出た」―。指導陣もかつて県内の男子で記憶にないという希少なサウスポーのカットマンの曲渕。気迫で粘り勝ち、初めて全国の切符を手にした。

 一ケ岡小5年の時に太陽クラブで卓球を始めた。土々呂中では団体戦のメンバーとして県大会準優勝で、九州大会にも出場。延岡工では現在、主将とエースを務める。

 吉薗孝雄監督によると、「全国にも少なく、相手にとっては初めて対戦するタイプになる」という左カットが最大の持ち味。だが、今大会はそれ以上に「優勝し、全国へという気持ちが試合に出ていた」という。

 底辺拡大も目的に、全国出場経験がない選手が参加資格。実績から第1シードで勝ち上がった曲渕のヤマ場は準決勝からあった。

 前日の団体で、ストレート負けを喫した都城商の選手。「(団体では)ドライブの回転に負け、ミスが多かった。反省し、修正していたので、1セット目に感覚をつかめた」。セットカウント1―1から、2セットを連取し決勝に。同じく都城商の選手との対戦となった決勝もフルセットの激戦となったが、気迫で粘り勝った。

 「ずっと持っていた全国選抜という目標を成し遂げ、自信になったと思う」と喜ぶ吉薗監督。本人は「ほぼ毎回応援に来てくれる保護者、遠征や大会に連れて行ってくれる先生方に感謝したい。全国では緊張しすぎず、県予選決勝のように気迫を全面に、粘って、攻めて、相手を崩す自分らしいプレーで、上位入賞を目指す」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top