【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

どうなる延岡市長選

本紙掲載日:2017-02-03
3面
首藤正治氏
読谷山洋司氏

注目される首藤氏の決断−任期満了まで1年

 延岡市長の任期満了(来年2月5日)まで残り1年余りとなり、次期市長選に向けて動きが出てきた。現職の首藤正治氏(61)は、正式に態度を明らかにしていないが、初当選時に「3期まで」と掲げており去就が注目される。3日現在、立候補を表明しているのは元総務省官僚で会社役員の読谷山洋司氏(52)のみ。

 首藤氏は、初出馬した平成18年の市長選で民間の経営感覚を導入した市役所改革などを掲げ、当時4選を目指した現職を破って初当選。記者会見で、「一定の仕事を2期8年で仕上げることが大事で、仮に長くなっても3期まで。それ以上は惰性に流れる部分が必ず出てくる」と多選を批判した経緯がある。

 しかし、昨年6月議会では、多選について「望ましくないとの考えに変わりない」としながらも、安心して任せられる人物がいない場合は、「継続して重責を担うのも選択肢の一つ」と出馬の可能性も示唆。12月議会では、「3月定例会までには態度を明確にしたい」と答弁しており、期日が近づいている。

 清掃工場や消防庁舎、最終処分場、新庁舎建設などの懸案を実現してきた首藤氏だが、現在進行形の延岡駅周辺整備による中心市街地活性化、東九州バスク化構想、新たな子育て支援拠点「(仮称)こどもの城」整備、内藤記念館再整備などの事業は、道半ばで任期切れとなる。

 今年の新春のインタビューで首藤氏は、「3期が望ましいと自身で言ってきたが、だからといって途中で放り出してよいわけがない」と複雑な心境を語りながらも、「3月議会前ということになると、残り任期が1年を切ってくる。その時期には…」。熟慮の末に導き出す答えに関心が高まる。

 読谷山氏は先月1月27日、延岡市役所で記者会見し、「市政は市民生活に直結した行政サービス。市民が『頑張っていればきっと良いことがある』と信じ、前進できるふるさとをつくりたい」などと決意を述べた上で、無所属で立候補することを表明した。

 このほか、名前が取りざたされている人もおり、首藤氏の決断が注目される。

その他の記事/過去の記事
page-top