【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017新春インタビュー(20)−迫田隅男九州保健福祉大学学長

本紙掲載日:2017-02-03
1面

50周年記念事業−困窮家庭への食糧支援

◆大学の在り方、長期展望で

−−今年度、大学を運営する学校法人順正学園が50周年を迎えました。

【迫田学長】
記念事業として、食糧支援をする順正デリシャスフードキッズクラブを立ち上げました。市民から食べ物を提供していただき、大学がある宮崎と岡山の自治体と連携して子どもがいて経済的に困窮している家庭の希望者に月2回発送をしています。現在は180軒以上になっています。
また、九州保健福祉大学の「順正ジョイフルキッズクラブ」では、退職教員の方々や、市民ボランティア、学生ボランティアと協力して勉強会を月に2回、大学などの施設で行っています。調理実習で参加者全員分の昼食を作り、楽しく食べて、勉強します。参加は無料です。許容範囲がありますが、できるだけ受け入れたいと思っています。今は勉強だけですが、ゆくゆくは運動なども取り入れていきたいですね。
両方とも長期的に続けるという意志で行っています。

−−昨年、熊本地震が発生しました。大学は災害時の拠点としての役割も期待されています。

【迫田学長】
大学内の災害を防止することと、延岡市の大学として大災害時の地域貢献の二つを考えなければいけません。大災害時には施設の提供などを考えています。非常用食料の保存に関する検討や第3者が大学に来られた場合の対応のシステム化を図っているところです。
学生には災害時やその後の変化など、現状を正しく認識する力をつけてほしいと思います。即断即決する能力が緊急時には必要です。そのためには、常日頃からいろんな情報を仕入れて自分の中で整理整頓しておかないといけない。日常生活の中で常に自問自答し、どんな問題にでも自分の考えを持って日々を過ごしてほしいと思います。

−−順正学園は1月25日、富島高と県内11校目となる連携協力協定を結びました。

【迫田学長】
高校に教員を派遣して大学の専門領域に関する授業を行ったり、交流することで高校との連携を緊密にしたいと思っています。大学生活や大学で学ぶ専門分野はどういうものなのかを知ってほしいですね。また、これらを通して現在、医療福祉に関する社会問題があることを認識してもらえたらとも思います。

−−今年、開学18年目を迎えます。今年の展望をお聞かせください。

【迫田学長】
喫緊の問題は受験生の減少です。一人でも多くの学生に来てもらい、それでもって延岡市を中心とした地域の活性化を図れたらいいなと思っています。
職員への新年あいさつでも言いましたが「九州保健福祉大学がどういう大学、どういう人材を育てるかを詳細に広報できるか。それを真剣に考えていこう。そのために職員が知恵をしぼって議論し、行動を起こそうよ」と訴えました。それらの行動を通して、さまざまな人に大学、大学の専門領域などを知ってもらいたいです。
専門領域については、延岡市の市民大学院や大学の公開講座などを例年通り行い、市民に参加していただきたいと思います。また、不定期ですが、市民を対象にした講演会やシンポジウムなども数多く開いていきたいと思っています。
18年たっているので、大学として組織運営などに負の要素があるかもしれません。開学20年目を迎えるまでに、それらを真摯(しんし)に掘り出し、いかに改善するか考察したいと思います。
また、50年、100年先までの長期的な展望に立った大学の在り方も考えなければいけません。大学に対する社会の要求は変化します。それをいかに吸収するかも重要です。どういう志向、方向性を持つのか、そういうことをじっくり考える一年間だと思います。

その他の記事/過去の記事
page-top