【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

歩道づくりにチャレンジ

本紙掲載日:2017-02-02
7面
製作したコンクリートブロックを歩道に設置する富高小6年生

富高小6年生が公共工事を体験

 税金の仕組みや公共工事の必要性などを学ぼうと日向市富高小学校(大坪肋執残后砲裡暁生は1月28日、同市都町の交差点の歩道に、自分たちで製作したコンクリートブロックを設置した。

 県北法人会日向支部青年部(内山雅仁部長)による租税教室の一環。税金の仕組みを学びながら、公共工事の必要性や面白さにも触れてほしいと、日向地区建設業協会青年部(奈須健時部長)の協力の下、今年度初めて取り組んだ。

 6年生86人は公共工事に使用されている税金の有用性を学ぼうと昨年11月、4人一組で高さ12センチ、横幅60センチ、奥行き12センチのコンクリートブロックを製作。このうち、設置に参加した20人は、パチンコ店「ジャックポット大番」東側の歩道に集合し、約2時間、関係者約20人と一緒に作業した。

 歩道との高さを合わせるため、こて、スコップで整地した後、花の絵を描いた面を上にしたコンクリートブロック36個を一列に並べていった。下地と隙間には、砂とセメントを混ぜ合わせたモルタルを詰め、丁寧に固定していった。

 海野呂妃(ろき)さんは「高さをそろえるのは大変だったけどいい思い出になりました」と感想。内山部長は「自ら体験してもらうことによって、税金や公共工事について、より身近に感じてもらえたらうれしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top