【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

門川ゴルフ倶楽部−3月末で営業終了

本紙掲載日:2017-02-02
3面
3月末で営業終了し、メガソーラー施設が建設されるTTS門川ゴルフ倶楽部(門川町庵川)

TTS企画−コース跡で太陽光発電

 門川町のTTS門川ゴルフ倶楽部が3月末で営業を終了し、コース跡地に大規模太陽光発電(メガソーラー)施設が建設されることが明らかになった。発電施設は、ゴルフ場を経営するTTS企画(本社・福岡県飯塚市)が管理するという。

 同ゴルフ場は平成9年4月に「宮崎日向ゴルフコース」の名称でオープン。県と門川町、延岡市が県北浮揚のため昭和58年に打ち出した「遠見半島総合開発計画」の第1弾で、住民らが早期実現を求める1万700人分の署名を集めるなど、待望の施設だった。

 当初は年間4万人が利用したが、親会社だった西武ホールディングスが平成19年3月で撤退。大阪市の企業を経て、翌20年5月からは韓国・東光グループが「ジェイズ日向ゴルフコース」として運営した。

 さらに昨年4月、現在のTTS企画に経営が交代。同社によると、ジェイズ社は同ゴルフ場敷地でのソーラー事業を計画中にTTS企画へ売却を打診したという。

 TTSは地元飯塚を中心とした学生向けのマンションやテナントビルなどの賃貸業を主体に、近年は太陽光発電事業も広く展開。同ゴルフ場もメガソーラー事業を目的に取得し、昨夏に施設建設に向けた地元説明会を開いたという。

 発電事業自体は京セラグループが運営。施設の保守・管理をTTSが請け負うという。既存コースの全面141万1000平方メートルに発電パネルを建設。売電用として40メガ〜50メガワットの発電規模を見込んでいる。今年6月ごろまでに着工し、2、3年後の稼働を目指す。

 ゴルフ場従業員11人については、発電施設のメンテナンス部門で雇用を継続する方針。ゴルフ場は前年度から今年度にかけても年間2万5千人が利用し、営業終了が伝えられてからはさらに客足が伸びているという。

 門川ゴルフ倶楽部の古谷和弘支配人は「ご利用者さまは地元の方が多く、いろいろとお世話になり、従業員一同感謝しています。ゴルフ場がなくなり、迷惑をお掛けしますが、ご理解をお願いします」と話している。

 なお、26日には門川町長杯とかどがわ温泉心の杜(もり)来館者400万人達成記念のチャリティーコンペを開催。参加者を募集している。問い合わせはTTS門川ゴルフ倶楽部(電話門川63・2111)。

その他の記事/過去の記事
page-top