【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「のべおか三蔵を愉しむ会」

本紙掲載日:2017-02-01
2面
三蔵のお酒と鍋を味わった「のべおか三蔵を愉しむ会」

1日スタート、神話鍋合戦を応援−のべおか三蔵協議会

 延岡市の千徳酒造、佐藤焼酎製造場、宮崎ひでじビールでつくる「のべおか三蔵協議会」は1月31日、延岡市内で「のべおか三蔵を愉(たの)しむ会」を開いた。愉しむ会は1日夜も開催する。

 1日から始まる「神話鍋合戦」(主催・県北食フェス実行委員会)を応援しようと、初めて企画した。

 愉しむ会は、同市春日町の国技館であり、約70人が参加。神話鍋合戦について説明し、実行委員が「それぞれのお店が工夫しておいしい鍋を準備している。じゃんじゃん参加して延岡を盛り上げていただきたい」とPRした。

 参加者は三蔵のお酒を堪能しながら「EM豚チゲ鍋」「あんこうチリ鍋」「ちゃんこ鍋」に舌鼓。会話も弾み、抽選会もあり、終始盛り上がった。

 宮崎ひでじビールの永野時彦代表取締役は「2月は飲食店にとって厳しい時期。鍋合戦で盛り上がり『延岡は元気だね』って言われるよう期待したい」とエール。「これをきっかけにまた愉しむ会を開催できたら。そのためにも地域に愛されるメーカーを目指したいと改めて思った」と話した。

 愉しむ会は、1日は麦酒蔵Hidejiであるが、申し込みは終了している。

 1日から始まる神話鍋合戦は28日まで。延岡市、門川町、日向市の19店舗が参加。鍋を食した人が投票し、集計後、グランプリなど各賞が決まる。投票した人の中から抽選で80人にプレゼントが当たる。

その他の記事/過去の記事
page-top