【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017新春インタビュー(17)−平野亘也宮崎銀行頭取

本紙掲載日:2017-01-31
1面

地方創生、女性活躍など推進−地域経済の持続的発展を

――今年の本県経済をどう展望しますか。

【平野頭取】
昨年は4月に熊本地震が起き、個人消費や企業の生産活動も一進一退で景気回復を十分実感するには至りませんでした。一方で、観光面は徐々に回復し、有効求人倍率が25年ぶりの高水準で推移など一部に経済情勢改善の兆しもみられました。雇用の改善が続く中で各種政策の効果もあり、今後は緩やかな回復に向かうことが期待されます。
成長産業として期待される1次産業を核としたアグリ・フードビジネスでの中核企業育成に力を入れることや、海外との取引拡大を目指す企業の積極的支援で付加価値の高い産業の育成、足腰の強い地元経済をつくり上げていきたいと考えております。

――平成27年4月開設の地域振興室の取り組みは順調ですか。

【平野頭取】
初年度は県や延岡市などとの包括連携協定締結や、地方版総合戦略策定への積極的関与など各自治体との関係をより強固にしてまいりました。28年度は総合戦略の実行段階として宮崎、大分両県など8者連携の「台湾からのインバウンドプロジェクト」を実施しました。当行はツアー客誘致や県北を中心とする周遊ルート開発、周遊先の自治体や地場企業と連携したキャッシュレス促進など観光産業の活性化に大きく貢献できたものと考えております。
2月には県北地区の広域連携の一環で延岡、日向市、門川町などと「事業承継・M&Aセミナー」を開きます。引き続き、地に足の着いた取り組みで地域経済のさらなる発展に貢献してまいります。

――「みやざき女性の活躍推進会議」の共同代表として、働き方改革への考えをお聞かせくさい。

【平野頭取】
女性が出産・育児をしながら働き続けられる職場環境の整備は優秀な人材の確保や、多様な人材の活用による新たなマーケットの創出など企業にとって大きなメリットがあります。当行も女性の積極登用や男性の育児休暇取得奨励、週1日のノー残業デーなどに努めていますが、産休取得者の大幅増などの成果が表れ、うれしく思っています。これからも参加企業との意見交換などを通じ、男女が生き生きと活躍できる社会づくりに貢献していきたいと考えております。

――中期経営計画の仕上げの年となります。

【平野頭取】
今期の業績はマイナス金利政策の影響を受けつつも、利ざやの縮小をボリュームで補うことでおおむね順調に推移しています。「みやぎん三本の矢」として「地方創生」「事業性評価」「女性活躍推進」を重点的かつ中長期的に推進しており、特に本年は女性と若者の活躍機会の創出や中小企業の育成に重点的に取り組み、地域と共に汗を流しながらさまざまな企画を具現化していきます。そのことが地方創生および地域経済の持続的発展につながると確信しております。
次年度からの中期経営計画でも三本の矢の継続推進とともに、業務品質の向上と収益力の徹底強化に取り組んでまいります。

――女子陸上部は昨秋の全日本実業団女子駅伝予選会で19位と着実に力を付けていますね。

【平野頭取】
県民の皆さまの応援のおかげで力強い走りを見せてくれました。特に9月に移籍入部し、父親が延岡市北方町出身の後藤選手は最長5区で区間2位と素晴らしい結果でした。若いチームにいい刺激を与えてくれており、今年はぜひ本戦への出場を目指したいと思います。

――酉(とり)年への抱負をお願いします。

【平野頭取】
成熟する、実るなどの意味がある「酉」の横に「寸」を付けると焼酎の「酎」になります。鶏を食べて焼酎を飲んで、最後には「結構=ケッコー」と言えるような一年にしたいですね。

その他の記事/過去の記事
page-top