【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

歩一歩の店が開店−イオン延岡店

本紙掲載日:2017-01-27
2面
イオン延岡店で開催された県北地区「歩一歩の店」

訓練の一環で共同販売

 県内の障害者施設が連携して展開する「歩一歩(ほいっぽ)の店」。日ごろの活動の周知や販路拡大などを目的に、各施設の利用者が訓練の一環で手作りする商品を一堂に並べて共同販売する取り組みだ。24日には、県北地区の歩一歩の店がイオン延岡店にオープンした。

 「歩一歩」とは「たとえゆっくりでも一歩ずつ歩いていこう」という造語。関係者によると、県北地区は29団体で構成。延岡市のサンロード栄町のイベントと連動するなどして2、3カ月に1回のペースで開催している。

 イオン延岡店での実施は今年度から。はまゆう園職員の馬服美和さんは「歩一歩の店は一部の人には知られていますが、地域全体にはなかなか浸透しないので、こういった場所でできるのはすごくありがたいです」と、場所を無償提供するなど協力を申し出た同店の厚意に感謝した。

 今回は、はまゆう園、のぞみ園、ひかり工房、芽ばかり作業所、デイセンターひかりの延岡市内5団体と門川町の悠々工房の計6団体が出店した。

 会場は正面玄関口近くの店内に設けられ、新鮮野菜や陶芸品、手芸品、シイタケ、魚のすり身など、それぞれの特色を出した商品がずらりと並んだ。

 利用者らは実際に店頭に立ち、「いらっしゃいませ、いかがですか」などと行き交う買い物客らに声掛け。購入者には「ありがとうございました」と笑顔で返すなど積極的に活動した。

 馬服さんは「施設の利用者も毎回この活動を楽しみにしています。少しでも多くの人に立ち寄ってもらい、障害者への理解が深まればうれしいです」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top