【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

15人制決勝日向―高鍋

本紙掲載日:2017-01-26
9面
【15人制準決勝・高鍋―延岡工】ラインアウトのサインプレーからトライを決める延岡工の長野

ラグビー県高校新人総体

◆10人制は県北合同―大宮

 ラグビーの九州高校新人大会県予選を兼ねた第57回県高校新人総体は25日、川南町運動公園陸上競技場で15人制と10人制の準決勝があり、29日の決勝は15人制が日向―高鍋、10人制は県北合同(延岡、富島)―宮崎大宮の顔合わせとなった。

 15人制の県北勢は日向、延岡星雲、延岡工が4強入り。日向は延岡星雲の棄権で不戦勝となり、延岡工は高鍋に5―68で敗れた。

 県北勢で唯一、10人制に出場している県北合同(延岡、富島)は14―5で都城高専を破った。

 決勝は同陸上競技場で10人制が正午、15人制は午後1時キックオフ。

 県北勢の試合結果は次の通り。

【15人制】
▽準決勝
高 鍋 68 31― 0 5 延岡工
       37― 5

【10人制】
▽準決勝
県北合同14 14― 0 5 都城高専
        0― 5

◆決勝は接点で勝負−県北合同・佐藤龍紀主将(10人制決勝進出)

 「接点の所でファイトし切れずに、前で倒すタックルができていなかった。決勝ではしっかりと接点で勝負し、コミュニケーションをとって一丸となって戦いたい。1位で九州大会に行く」


◆後手の流れ断ち切れず−延岡工

 延岡工は高鍋相手に力負け。下を向くフィフティーンに白石剛二監督は「これが今の現状。ただの敗北にしたら駄目。通用する部分もあったが、一人ひとりがもっと一生懸命にやらなきゃ」と奮起を促した。

 ゲームの入りは良かった。SO金丸匠の鋭いタックルなど個々のディフェンス技術で応戦。一進一退の攻防を見せた。

 しかし、1トライを奪われると組織ディフェンスがかみ合わなくなり、後手後手に。流れを断ち切れず前半を終えた。

 後半17分には、敵陣5メートル付近のラインアウトからサインプレーを使い、LO長野匡兵がトライ。一矢を報いたものの、大敗だった。

 村田健介主将は「実力の差を見せつけられて悔しい。体づくりからしっかりしてボールと人を動かすラグビーができるよう鍛えていきたい」と上を向いた。

その他の記事/過去の記事
page-top