【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子牛初競り好スタート−東臼杵郡市畜連

本紙掲載日:2017-01-24
3面
初日は約340頭が出場した東臼杵郡市畜連の子牛初競り

初日平均、前回より4万8千円高

 東臼杵郡市畜連(会長・福良公一JA日向組合長)の平成29年子牛初競りが23、24の両日、延岡市櫛津町の延岡家畜市場であった。雌、去勢合わせて約600頭が出場した。

 初日の23日は雌牛155頭と去勢牛184頭が出場し、雌牛146頭と去勢牛184頭が売却された。1頭当たりの平均価格は85万円を超える86万5千円。昨年11月の前回市(81万7千円)を4万8千円、前年の初競り(74万円)を12万5千円それぞれ上回り、過去最高を更新する好調なスタートを切った。

 最高値は雌牛で157万円、去勢牛で136万4千円。平均価格は雌牛で80万5千円、去勢牛で91万5千円と、前回比で雌、去勢ともに約4万5千円前後上回った。

 雌牛1頭を出した椎葉村大河内の繁殖農家椎葉佐年さん(67)は「思ったよりいい値が付き、繁殖農家としては張り合いがありますが、この高値がいつまで続くか心配です。価格が少し下がってもいいので、いつまでも価格を維持してもらいたいですね」と話した。

 同市場関係者によると、同25年夏ごろから価格の高値傾向が続いているという。同市場の黒木忠夫参事は「当分は高値傾向が続く見込みだが、肉用牛産地を維持するためにも若い母牛を増やしていきたい」と話した。

 同畜連によると、管内の母牛の飼養頭数は4763頭と前年比97頭減。また、生産農家は607戸と前年比35戸減。年齢別で見ると70歳代が35・6%、60歳代が32・6%で、60〜70歳代以上が全体の3分2以上を占めており、生産農家の高齢化も深刻化している=いずれも昨年1月現在=。

その他の記事/過去の記事
page-top